安倍総理大臣は、5月6日(水)までの緊急事態宣言について、7日から通常の生活に戻るのは困難であると、緊急事態宣言を延長する方針を表明しました。
5月6日(水)までだった緊急事態宣言でしたが、医療現場で今現在、一人でも多くの命を救おうと尽力されている医療従事者の負担を考えた結果、延長せざるを得ないということも明らかにされました。
さらに、ある程度の持久戦を覚悟しなければならないと述べており、どの程度の延長期間を設けるべきが、専門家に伺いながら話を進めて行くそうです。
緊急事態宣言が全国に拡大された青森県も、緊急事態宣言の休業要請に伴い、県内各所の店舗で臨時休業を行っています。
さらに緊急事態宣言が延長されると、飲食店やサービス業などの経営も厳しい現実となります。
新型コロナウイルスの終息は、みなさん一人一人の協力が必要です。
引き続き、不要不急の外出は控え、手洗いうがい、免疫力UPできる食事や睡眠を心がけましょう!