新型コロナウイルス感染症などと戦う医療の最前線にいる人たちを称えようと、みんなで一斉に拍手を送る「クラップ・フォー・ケアラーズ」は、世界中で広まっています。
宝塚市もこの取り組みに参加しようと、毎週金曜日の12時から30秒間行うことになりました。
初回、2020年4月24日(金)には、宝塚市役所で行われました。
この運動の正式名称は、「クラップ・フォー・ケアラーズ・アンド・エブリワン・イン・タカラヅカ(医療従事者と全宝塚市民へ感謝と激励の拍手)」となっており、医療従事者だけでなく、不安や我慢を抱えているすべての市民に対しても激励を送る拍手となっています。
市役所の向かいにある中央公民館にも張り紙がしていました。
医療の最前線に立つことが出来なくても、自分が病気に感染しないことで、病院などでの手間を減らすことができます。
今は、「外出しない」という方法で協力していきましょう。