新型コロナウイルスの感染拡大により全国に緊急事態宣言が出され、それ以降市内の小中高等学校は臨時休校となっておりました。
鹿児島市教育委員会は5月2日に臨時会を開き、市立小学校78校、市立中学校38校を5月11日から再開する方針であると発表しました。
近日開かれる予定の市の対策本部会議で正式決定するそうです。
また市立高校については校区が広く、県や他市町村の判断も見極める必要があるため、判断を持ち越したようです。
国は再開について、地域状況に応じ判断するよう示しており、市教委は市内の感染状況や保健所の見解、保護者の意見などを含めて総合的に判断したとのことです。
手洗い時間確保のため休校前から取り組んできた短縮授業は続ける予定で、給食は簡易な形式で実施するとしています。
5月7日(木)、8日(金)は「臨時登校日」として、昼食持参で午後まで短縮授業を実施するそうです。