こちらは、『元町配水場』です。
函館は、1889年(明治22年)横浜に続き国内で2番目の上水道が整備され、赤川町に浄水のための沈殿池が、函館山の麓に『元町配水場』が整備されました。
配水池に貯められている飲料水は、赤川町の『赤川高区浄水場』でつくられた飲料水を直径600ミリメートルの鉄の管を通し、約12.6キロメートルもの距離を『逆サイフォンの原理』を利用した自然流下方式によって送られてきたものです。
『元町配水場』には、『中区配水池』と『高区配水池』があり、『中区配水池』は、函館水道の創設時に建設されたもので、120年以上経過した現在でも函館山周辺の市民約1万人に水を供給している、日本最古の配水池です。
『元町配水場』は、公園としても解放されています。
中でも『散策路』を登って『高区配水池』まで行くと、樹齢100年以上の幹の太さ4メートル、枝の幅20メートルの見事なソメイヨシノ『元町百年桜』を見ることができます。

★『元町配水場』はこちら↓
北海道函館市元町1−4