色々と報道があり、届くのに時間がかかっているマスクですが、もう手元にある方や、まだ届いていない方など区内にもバラつきがあると思います。
最近ではマスクの販売を目にする機会が増えたのではないでしょうか。
それと同時に手作りのマスクをされている人も多く見受けられます。
自分の好みの柄や素材、大きさを自由に決めて作れるマスクは現在では必需品ですね。
これからもマスクをする生活は長引くと思われます。梅雨や夏を迎えるこれからは、マスクをすることに悩みも出てきますが、メディアでは速乾性や通気性を重視したマスクの販売もされると取り上げられていました。
工夫してマスク生活を乗り越えたいですね。
東京都福祉保健局の最新の情報によりますと、区内における5月23日時点での累計感染者数は、139名と発表されています。約2週間で30名の増加になります。
もちろん、完治されている方も増えていますが、やはり数値としては減少傾向ではありません。
数字ばかり見ていても仕方のないことですが、皆さんがマスクの着用をし、日々感染予防をすることで大幅な増加傾向は防げるのではないのでしょうか。
都内の緊急事態宣言にも、動きがありそうですので、感染者数にも目を向けながら、区内のお店や皆さまが少しでもより良く過ごせる毎日が来るよう、皆さまで工夫をしながら生活をしていきましょう。