2020年6月26日に、宝塚市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表されました。
その前に市内で感染者が確認されたのが5月9日のことですので、およそひと月半ぶりのことです。
兵庫県ホームページによると、今回確認された方は、東京で確認された患者の濃厚接触者ということで、感染経路が分かっているので必要以上に警戒することはないと言えますが、一方で、感染症は人を介してうつるのだということを改めて思い知らされます。
かといって、家に籠り続けることは難しいですから、基本的な感染予防対策を徹底し、今言われている「新しい生活様式」を身に付けて行動するしかありません。
市のホームページには、新型コロナウイルス関連情報のページで、様々な情報がまとめられていますので、ぜひ参考にご覧ください。
加えて、人の多いところや、遠くへのお出かけの際は、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)も活用してみてください。