2020年6月27日に栃木市市民交流センター(キョクトウとちぎ蔵の街楽習館)の竣工式と開館式が行われたそうです。
旧栃木中央小学校の校舎が改修され、新しい市民交流のための施設に生まれ変わりました。
施設内には、栃木公民館を始め、栃木市シルバー人材センターやウェルワークとちぎなども入っているそうです。
会議室、和室、調理室、防音スタジオ、鏡張り軽運動室も備えられており、栃木市は市民生活の中での利用を促しています。
ちなみに「キョクトウ」とは、宇都宮市が所在地の「株式会社 極東体育施設」がネーミングライツを取得したことにより決定した愛称のようです。
館内の栃木公民館では、様々な種類の学級や講座を開設する予定のようです!
これからの施設としての発展が期待されます。

●栃木市市民交流センター(キョクトウとちぎ蔵の街楽習館)はコチラ↓
栃木県栃木市入舟町