2020年5月25日に全国に出されていた新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除されてから、徐々に首都圏との行き来もできるようになってきました。
が、2020年6月23日からの一週間の間、埼玉県・北海道で新規感染者数が増加傾向にあるため、長野県は両県との往来は慎重に行うようにとの注意喚起を出しました。
東京都に関しても同様の対応になります。
往来が必要な場合には、感染症防止対策の徹底に努め、ご自身の健康状態もチェックするようにとのことです。
また、県内での発生ではありませんが、40代男性で県内在住者が成田空港検疫において陽性が確認されたため、県内の指定医療機関に入院したとのことです。
男性はパキスタンから成田空港に到着したようです。
少しずつ経済活動が再開され、新しい生活様式にも慣れつつある時です。
油断も出て来やすくなりますので、外出の際は3密を避け、感染症予防対策をしっかりとしてお出かけください。
みんなで気をつけていきましょう!