広島市によると、2020年7月1日、広島市で、新型コロナウイルス感染症患者が確認されました。
広島県内で新規感染が確認されたのは、58日ぶりです。
広島県内の感染者は、7月1日現在、166人(退院等。新基準含む。検疫所の確認者含む。)です。
なお、患者さんについて、性別・年齢・職業等個人情報についてはご本人の希望により公表されていません。
現時点では、「感染経路が不明」とのことで、広島市へ通勤されている方などはご不安かと思います。
状況について簡単にまとめてみました。
【患者状況】
・舟入市民病院に入院中。
・発症前14日以内に海外渡航歴、県外への滞在歴ない。
・外出時はマスクをしていた。通勤等で公共交通機関の利用はない。
・濃厚接触者については3名全員「陰性」。

広島県169例目(広島市85例目)の新型コロナウイルス感染患者について詳しくは、「新型コロナウイルス感染患者(85例目)」広島市の公式サイトでご確認ください。
最新の情報について詳しくは、「コロナウイルス感染症について」広島県の公式サイト及び、広島県公式Twitterでご確認ください。
緊急事態宣言は解除されましたが、今後も引き続き、手洗い・うがい・咳エチケットを心がけていきましょう。暑い日が続いていますので、熱中症対策も心がけましょうね。