新型コロナウイルスが猛威を振るった春から、少し時間が経ちましたが、その影響は様々な場所・場面に現れ、今だ混乱を引き起こしています。
そんな中、政府から「新型コロナウイルス接触確認アプリ」が配信されました。
このアプリは前提として、
・スマートフォンでの操作が必要
・多くの人がインストールする事で効果があがる
・ブルートゥース機能をオンにしておかないと効果がない
・もし新型コロナと判定された場合、アプリでの入力が必要
以上の操作が必要な場合があり、そのうえで
・新型コロナウイルスと判定された方と1メートル以内、15分以上接触した可能性が表示される。
・新型コロナウイルスと判定された方には、同意の上でその旨登録した場合、その後の対応方法などがアプリで案内される。
・2週間以内に接触が確認された人には、症状や身近な方の状況を選択すると、検査の受信などが案内される。
などといった効果があります。
また、個人情報などは分からない形で利用可能となっている為、安心して利用できます。
そして6月にリリースされたこのアプリは最初の1ヶ月は試作としてリリースされており、その後仕様変更などを経てより使いやすいものへと変化していくようです。
また、前提でも書きましたが、こちらのアプリはより多くの人が利用して初めて効果があがる仕様となっています。
これからの第2波、第3波に備えて利用できる人、同意できる人は利用しましょう。