「尾張の卵」の直売所、うきうき村!毎日、産みたての卵が店頭に並んでいます!
「尾張の卵」の販売元、一宮市浮野養鶏株式会社は、約18万羽の鶏を飼育しており、サルモネラ菌の検査や鶏に適切な環境を作る完全空調システム、次亜塩素酸での卵の洗浄に加え、紫外線殺菌などを日々行い、安心安全な卵を生産しています。
販売所には、卵の知識が沢山壁に掲載してあり、とても勉強になりました。
特に、サイズ毎に向く料理を見て、なるほど!と思いました!
贈答用のパッケージも用意されていました。
卵を贈り物にするという発想が粋ですね!!!”一宮市産”ということで、他の地域の方にも喜ばれそうです。
そして、いちのみや食ブランドに認定されている”チキン・ウインナ”や”チキンフランク”もありました。
その他にも美味しそうなおやつがいっぱい!
うきうき村では、開店前からおいしい卵を求めて、沢山のお客さんが毎日列を作られているそうです!
地元農家さんの、採りたての野菜や果物も販売していました。
浮野養鶏の鶏糞を肥料の一部として使用している野菜もあるそうです。
うきうき村では、おいしい卵にコーヒー、焼きたてパンのセットやたまごかけごはんなどの軽食を味わうことができる喫茶スペースもあります!
朝のさわやかなひとときを、うきうき村で過ごしてみるのも楽しそうですね!
取材のご協力ありがとうございました。

うきうき村はこちら
愛知県一宮市千秋町浮野下向得19