2020年6月にGREEN SPRINGSにオープンしたPLAY! PARKは未知との出会いを合言葉にした0〜12歳のための屋内広場です。
約1000㎡の空間はふじようちえんを設計された建築家の手塚貴晴・由比さんがデザインされています。
場内の中心に大きなお皿と呼ばれる、柔らかい素材で作られた直径22mの巨大な楕円型フィールドがあるのですが、2020年9月12日(土)大きなお皿の中に、約8000個の風船を使った大型遊具バルーン・モンスターが誕生しました!
なぜバルーンモンスターと言うかというと、ふくらませた風船を業務用のラップで巻いてつなぎ合わせると、モンスターのような不思議な姿になるのだからそうです。
まさに子どもたちの自由な発想で遊べる場所です。
発案は東京都市大学の学生団体如学会の皆さん。
東京都市大学の手塚貴晴研究室とPLAY! PARKのスタッフさんが8月から公開制作を始め、約3週間かけて制作したのだそう。
風船はラップで強く巻くと、上に乗ったり力を入れたりしても割れなくなるので、子どもたちがモンスターのようなバルーンによじ登ったり、跳ねたり、寝転んだり、持ち上げたり、自由な遊びを見つけて楽しむことができるんですって。
大人から子供まで楽しめるのが嬉しいですね。
はらぺこあおむしが大好きなので私も早く遊びに行きたいです。
皆さんも、感染症対策をして楽しんでください。

PLAY!
〒190-0014 東京都立川市緑町3−1 GREEN SPRINGS W3