2020年12月8日、三鷹市美術ギャラリーの一室に、「太宰治展示室 三鷹の此の小さい家」がオープンします。
自宅の一部が再現され、未発表資料も開設記念として初公開される予定です。
太宰治の短編小説「十二月八日(じゅうにがつようか)」には、真珠湾攻撃が実行された1941年(昭和16年)12月8日からの、家庭の日常が綴られています。
79年後の同じ日に「太宰治が生きたまち 三鷹」にオープンとは、感慨深いですね。
“太宰治の自宅を訪れるかのような展示室” オープンが楽しみですね!

三鷹市美術ギャラリー
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3丁目35−1 三鷹コラルビル 5F