松山英樹は世界2位で全英OPへ 初優勝B.デシャンボーは81位に

 米国時間17日に最新の男子ゴルフ世界ランキングが発表された。

 全英オープンを今週末に控え、試合出場のなかった松山英樹は2位をキープしメジャー第3戦に臨むこととなった。1位ダスティン・ジョンソン(米)、2位松山、3位ジョーダン・スピース(米)、4位ローリー・マキロイ(北アイルランド)、5位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)、6位ジェイソン・デイ(豪)まで順位の変動は無し。ジョン・ラーム(スペイン)が1つ順位を上げ7位、ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)が1つ順位を落とし8位となっている。

 米男子ツアーのジョンディアクラシックでツアー初優勝を飾ったブライソン・デシャンボー(米)は前週の144位から81位と大きく順位を上げている。欧州ツアーのスコティッシュオープンで5年ぶりのツアー優勝を果たしたラファエル・カブレラ-ベロ(スペイン)は、前週の31位から14ランクアップの17位になっている。


(C)Getty Images

関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索