WGC優勝の松山英樹は世界3位で変動なし J.スピースとの差を詰める

WGC優勝の松山英樹は世界3位で変動なし J.スピースとの差を詰める

 米国時間7日に最新の男子ゴルフ世界ランキングが発表された。

 WGC-ブリヂストン招待で今季3勝目を飾った松山英樹は大幅にポイントアップしたものの、3位と変動なし。しかし、同大会を13位タイで終えた2位ジョーダン・スピース(米)との差はわずか0.0617ポイントとなっている。今週は今季メジャー最終戦の全米プロゴルフ選手権(ノースカロライナ州クエール・ホローC)に出場するが、初のメジャー制覇となるか注目が集まる。

 1位ダスティン・ジョンソン(米)、2位スピース、3位松山、4位ローリー・マキロイ(北アイルランド)、5位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)とトップ5は先週から変わらず。リッキー・ファウラー(米)が1つ順位を上げて、10位に浮上している。また、米男子ツアーのバラクーダ選手権を制したクリス・ストラウド(米)は前週の413位から203位と大幅に順位を上げた。

 ブリヂストン招待で50位タイの谷原秀人は52位と変わらず。同大会47位タイの小平智は2つ順位を上げて119位となっている。全米プロゴルフ選手権に出場する池田勇太は70位、宮里優作は129位となっている。

(写真提供:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索