松山、我慢のゴルフで優勝戦線に留まる! 1打差2位で最終日へ

松山、我慢のゴルフで優勝戦線に留まる! 1打差2位で最終日へ

 今季メジャー最終戦 全米プロゴルフ選手権が現地時間12日、ノースカロライナ州のクエール・ホローCを舞台に前日に順延した第2ラウンドの残りと第3ラウンドの競技を終了。松山英樹は2オーバー73とスコアを落とし、2位タイで最終日を迎える。

 前日「64」をマークして、首位タイに浮上した松山は、1番パー4からスコアを落とす苦しいスタートに。2番から5連続でパーとすると、7番パー5で2オンに成功し、イーグルパットを外すも、この日最初のバーディ。8番、9番もパーとし、イーブンパーで前半を折り返す。

 しかし、後半も苦しい展開が続く。10番、11番をパーとすると、12番から連続ボギーを喫する。その後もパーを拾う展開が続き、トータル1バーディ、3ボギーの「73」でホールアウト。2つスコアを落とした松山は、通算6アンダー2位タイから最終18ホールを戦う。

 その他の日本勢は、小平智がこの日のベストスコアタイとなる「67」をマーク。通算1オーバー18位タイに急浮上した。一方の谷原秀人は、3オーバー74とスコアを落とし、通算7オーバー64位タイ。また、池田勇太はカットラインに4打及ばず、予選落ちとなっている。

(C)Getty Images

関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索