ウッズは6打差34位発進 松山英樹は135位と出遅れる

ウッズは6打差34位発進 松山英樹は135位と出遅れる

 米男子ツアーのウェルズファーゴ チャンピオンシップ(現地時間3日/ノースカロライナ州 クエイル・ホロー・クラブ)第1ラウンドが終了。6アンダー65で回ったジョン・ピーターソン(米)が単独トップとなった。

 2打差2位タイにティレル・ハットン(英)、ジョンソン・ワグナー(米)、キース・ミッチェル(米)、ピーター・マルナティ(米)、カイル・スタンリー(米)が続く。

 タイガー・ウッズ(米)は前半4番でボギーを叩くも、7番、8番と連続バーディを奪い1アンダーで折り返す。後半は1バーディ、2ボギーとスコアを落とし、トータル3バーディ、3ボギーのイーブンパー71でプレーし、34位タイ。平均飛距離は329.5ヤードだった。

 松山英樹は6オーバー135位タイと出遅れてしまった。前半11番パー4ではセカンドがグリーンオーバーし、OBのダブルボギー。14番でバーディを奪うも、15番パー5の2打目が池に捕まりダブルボギー、続く16番もボギーとする。そして17番パー3では、ティーショットが池ポチャとなりダブルボギー、前半を6オーバー42で折り返す。後半は2バーディ、2ボギーとし「77」のラウンドとなった。

 大会2勝のローリー・マキロイ(北アイルランド)は3アンダー7位タイ、ともに今季1勝のジェイソン・デイ(豪)とポール・ケイシー(英)は2アンダー17位タイとなった。

 マスターズ覇者のパトリック・リード(米)はイーブンパー34位タイ、フィル・ミケルソン(米)、昨季覇者のブライアン・ハーマン(米)は1オーバー59位タイ、ジャスティン・トーマス(米)は2オーバー79位タイで初日を終えている。


関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索