ウッズは48位、松山英樹は69位で決勝へ ジェイソン・デイが1打差2位

ウッズは48位、松山英樹は69位で決勝へ ジェイソン・デイが1打差2位

 米男子ツアーのウェルズファーゴ チャンピオンシップ(現地時間4日/ノースカロライナ州 クエイル・ホロー・クラブ)第2ラウンドが終了。ツアー通算1勝のピーター・マルナティ(米)が通算7アンダー単独トップで決勝ラウンドへ進む。

 通算6アンダー2位タイにジェイソン・デイ(豪)、アーロン・ワイズ(米)、通算5アンダー4位タイにポール・ケイシー(英)、シャール・シュワーツェル(南ア)が続く。

 タイガー・ウッズ(米)は1バーディ、3ボギーの「73」とスコアを落とし、前日34位タイから通算2オーバー48位タイに後退した。

 135位タイから出た松山英樹は、1イーグル、3バーディ、1ダブルボギーの「68」と巻き返し、カットライン上の通算3オーバー69位タイで予選を通過している。

 松山は前半7番でティーショットを右に曲げ、このホールをダブルボギーとするが、続く8番パー4(364ヤード)で残り約30ヤードからチップインイーグルを決め帳消しに。そして、後半14番から3連続バーディを奪い、なんとか週末に駒を進めた。

 その他、リッキー・ファウラー(米)が通算1アンダー20位タイ、ジャスティン・トーマス(米)、マスターズ覇者のパトリック・リード(米)が通算イーブンパー28位タイ、フィル・ミケルソン(米)、ブルックス・ケプカ(米)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)が通算2オーバー48位タイとなった。


関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索