ジェイソン・デイが単独首位 松山英樹は最終日に進めず

ジェイソン・デイが単独首位 松山英樹は最終日に進めず

米男子ツアーのウェルズファーゴ チャンピオンシップ(現地時間5日/ノースカロライナ州 クエール・ハローC)第3ラウンドが終了。ジェイソン・デイ(豪)がスコアを4つ伸ばし、通算10アンダー単独トップで今季2勝目に王手をかけた。

 通算8アンダー単独2位にニック・ワトニー(米)、通算7アンダー3位タイにポール・ケーシー(英)、ピーター・ユーライン(米)、ブライソン・デシャンボー(米)、アーロン・ワイズ(米)が続く。

 フィル・ミケルソン(米)が1イーグル、5バーディの「64」で回り、前日48位タイから通算5アンダー単独10位に浮上した。

 タイガー・ウッズ(米)は6バーディ、3ボギーとスコアを伸ばし、通算1アンダー31位タイで最終日を迎える。

 69位タイから出た松山英樹は、3バーディ、4ボギーの「72」で通算4オーバー76位タイ。MDF(予選通過人数が規定数を超えた場合に行われる足切り制度)により、最終日には進めなかった。

 その他、マスターズ覇者のパトリック・リード(米)、リッキー・ファウラー(米)が通算4アンダー11位タイ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)が通算3アンダー16位タイ、ジャスティン・トーマス(米)が通算1アンダー31位タイとなっている。


関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索