ジェイソン・デイが世界トップ10に返り咲く 松山英樹は9位に後退

ジェイソン・デイが世界トップ10に返り咲く 松山英樹は9位に後退

 米国時間6日付の男子世界ランキングが発表され、米男子ツアーのウェルズファーゴ チャンピオンシップを制したジェイソン・デイ(豪)が14位から7位に浮上し、トップ10に返り咲いた。

 上位陣は、1位ダスティン・ジョンソン(米)、2位ジャスティン・トーマス(米)、3位ジョン・ラーム(スペイン)、4位ジョーダン・スピース(米)、5位ジャスティン・ローズ(英)と変動はなかった。

 日本勢は松山英樹が1ランクダウンの9位となり、小平智(27位)、宮里優作(60位)、池田勇太(64位)、谷原秀人(94位)と続く。

 タイガー・ウッズ(米)は順位を1つ上げ92位で、ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ(現地時間10日/フロリダ州 TPCソーグラス)に臨む。同大会ではリッキー・ファウラー(米/6位)、フィル・ミケルソン(米/19位)と同組で予選ラウンドを戦う。


関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索