松山英樹が7アンダー首位タイ発進! タイガー・ウッズは47位

松山英樹が7アンダー首位タイ発進! タイガー・ウッズは47位

 米男子ツアーのザ・メモリアル・トーナメント presented by ネーションワイド(現地時間31日/オハイオ州 ミュアフィールド・ビレッジGC)第1ラウンドが終了。松山英樹、アブラハム・アンサー(メキシコ)、ジョアキン・ニーマン(チリ)が7アンダー65で回り、首位タイとなった。

 2014年覇者の松山は前半を3バーディ、ノーボギーの3アンダー33で折り返す。後半10番、11番と連続でボギーを叩くも、13番から4連続バーディ、17番パー4では2打目(約136ヤード)がバックスピンでカップに吸い込まれイーグルを奪い、トータル1イーグル、7バーディ、2ボギーの「65」で今季初優勝に向け好スタートを切った。

 6アンダー単独4位にビュー・ホスラー(米)、5アンダー5位タイにカイル・スタンリー(米)、ルーカス・グロバー(米)ら、4アンダー9位タイにジェイソン・デイ(豪)、パトリック・キャントレー(米)らが続く。

 松山以外の日本勢は、宮里優作が1オーバー61位タイ、小平智が2オーバー74位タイ、池田勇太が4オーバー102位タイとなった。

 大会5勝のタイガー・ウッズ(米)は5バーディ、3ボギー、1ダブルボギーのイーブンパー72でプレーし、47位タイで初日を終えている。

 2週連続Vを狙うジャスティン・ローズ(英)は1アンダー29位タイ、世界ランク1位のジャスティン・トーマス(米)、同2位のダスティン・ジョンソン(米)、リッキー・ファウラー(米)はイーブンパー47位タイ。ローリー・マキロイ(北アイルランド)、フィル・ミケルソン(米)は2オーバー74位タイとなった。


関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索