D.ジョンソンが世界ランク1位に返り咲き 松山英樹は10位

D.ジョンソンが世界ランク1位に返り咲き 松山英樹は10位

 米国時間10日付の男子世界ランキングが発表され、米男子ツアーのフェデックス セントジュードクラシックを制したダスティン・ジョンソン(米)が4週ぶりに1位に返り咲いた。

 ジャスティン・トーマス(米)は2位に後退。3位はジャスティン・ローズ(英)と変動なし。ジョーダン・スピース(米)は1ランクアップの4位、ジョン・ラーム(スペイン)は順位を1つ落とし5位となっている。

 松山英樹は10位をキープし、小平智(35位)、宮里優作(68位)、池田勇太(77位)、今平周吾(96位)、時松隆光(100位)と続く。

 欧州ツアーのショット・クロックマスターズでツアー初優勝を挙げたミッコ・コルホネン(フィンランド)は200位から110位浮上している。


関連記事

ゴルフネットワークの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索