松山英樹が13日開幕の米男子ツアー、ザ・ジェネシスインビテーショナル(米カリフォルニア州/リビエラカントリークラブ)を前にインタビューに答えた。

―ゴルフの調子について

 良い感じになって来ているので、楽しみです。

―先々週のフェニックスオープン以降の調整は?

 きっちり直ったわけではなく違和感もありますが、ズレていたものが全体的に良い方向には向かい始めているので、これで試合をやったらどうなるか、期待感はあります。

―あと一歩、という感覚をどう分析している?

 パッティングはもうちょっとですけど、ショットは紙一重のところまで来ているので、そこをしっかり調整できれば上手く行くと思っています。

―コースの印象について

 グリーンが硬くなりそうな雰囲気でスピードが出るのではないかと思うので、ティーショットをしっかりフェアウェイに置くというのが大事になるかなと思います。

―今大会は過去トップ10に2回入っている

 あまりに相性が良いイメージはなくて、「トップ10に2回も入ってるんだ!」という感じです。

―今週の目標は

 (予選ラウンドの)2日間でしっかりトップ10以内に居ることが大事かなと思います。

―鍵になってくるポイント

 グリーンがポアナ(芝)でスピードが上がってくると思うので、ティーショットとやはりパッティングかなと思います。