25日、米男子ツアーのZOZOチャンピオンシップ at シャーウッド(米カリフォルニア州/シャーウッドカントリークラブ)は最終ラウンドが終了。松山英樹は6バーディ、ノーボギーの「66」でプレーし、日本勢最上位の28位タイでフィニッシュした。

―最終日を振り返って

 昨日終わった後の練習でショットが少し良くなるのではないかというのがあったので、今日は期待して出ていきました。

 前半はなかなかバーディが獲れなかったですけど、後半になって思うようなゴルフができたので、これを「どうやったら初日からできるか」を考えながら、オープンウィークを過ごしたいなと思います。

―パッティングのルーティーンが変わった?

 入らないので何も考えずに打ち方もいろいろ変えていますけど、今日は上手くいったかなという感じですね。

―雨の影響は?

 距離は少し飛ばなくなっていましたが、一年間やっていればそういうこともあると思いますので、大して影響はなかったです。

―4日間通じての感想は?

 やはり優勝争いができない位置でプレーするのは悔しいです。次の試合で上位にいくために今週分かったこともあるし、先週分かったこともあるので、そこをひとつずつクリアしていければなという感じです。

―今後の予定は?

 一週間休んで、(マスターズ前週の)ヒューストンオープンに出るかどうかは迷っていますけど、良いプレーができるように、良い準備をマスターズまでにしたいなと思います。