最大約10倍速い大容量通信サービスを開始 NTTドコモの「Xi」

NTTドコモの高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応したデータ通信端末「L-02C」(gooニュース)

NTTドコモは24日、新しい高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」を東京、名古屋、大阪の一部地区で開始した。従来より最大で約10倍速い通信速度が注目される。利用エリアは今回始まった地区を皮切りに、2011年度中に全国の県庁所在地、12年度中には主要都市へと拡大していく予定。

「Xi(クロッシィ)」サービスを利用すると、受信速度は最大37.5メガビットになる。空港など一部の屋内施設では、現行方式の約10倍の最大75メガビットに。送信速度も最大12.5メガビット(一部施設では25メガビット)に。

「Xi」は次世代通信規格の「LTE (Long Term Evolution)」という通信方式を採用している。第3世代通信(3G)から第4世代(4G)への移行をスムースにするための携帯電話の通信規格で、日本だけでなく世界各地での導入が見込まれている。

「Xi」ではこのLTE技術によって、(1) 最大10倍の高速化、(2) 限られた周波数の利用効率を3倍向上、(3) 接続の遅延を最大で現行の4分の1に低減――と様々な改良を実現し、高速大容量なデータ通信を可能にした。

対応端末はUSB型データ通信端末「L-02C」が同日発売されたのをはじめ、順次発売される予定。

24日から利用が始まった地区は、東京都、横須賀市、成田市、名古屋市、常滑市、大阪市、豊中市、池田市、泉佐野市、泉南市のそれぞれ一部。

料金は、2年の継続利用を条件にしたデータ通信専用プランでは5GB以下で1000〜6510円。12年4月末までの割引キャンペーンなども行われる。

詳しくは、ドコモのホームページへ


おすすめ情報

gooニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索