「あっという間に情報届く」 ドコモ次世代通信初対応のスマホ発売

NTTドコモが初めて次世代高速通信「Xi(クロッシィ)」に対応しているスマートフォン「GALAXY S II LTE」を発売。山田隆持代表取締役社長やCMキャラクターの堀北真希さんらが記念のくす玉を割った=24日、有楽町で(gooニュース)

NTTドコモは24日、次世代高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」に初めて対応したスマートフォン「GALAXY S II LTE」を発売した。これまでの第3世代通信(3G)FOMAの端末に比べて通信速度が最大10倍速いのが一番の特徴。都内2カ所で開かれた発売記念イベントで山田隆持代表取締役社長は、「あっという間に情報が飛んでくる」と速さを強調し、「使っていただければ満足いただける」と自信を示した。

秋葉原と有楽町の家電量販店で午前に開かれたイベントで、山田社長は韓国サムスン電子製の「GALAXY S II LTE」について、「ドコモのフラッグシップ(旗艦)・モデル」と位置づけ、「速いスピードでスマートフォンをフルに楽しんでいただきたい」と述べた。同社のCMキャラクターを務める女優の堀北真希さんは、通信速度が速いおかげで「ウエブがさくさく利用できて、快適です」とコメント。特にスマートフォンでは動画を見ることが多いため、「とても嬉しい」と強調した。

「Xi(クロッシィ)」は「LTE」と呼ばれる次世代高速通信規格の、ドコモのサービス名。対応エリアでは受信時最大37.5Mbps (一部屋内施設では75Mbps)、送信時最大12.5Mbpsの速さで通信できる(gooスマホ部による、3Gや他社サービスとの通信速度比較はこちら)。

ドコモはXi対応スマートフォン発売に合わせてXi端末の契約者向けに、月額1480円でドコモ端末同士の国内通話が24時間通話が無料になる新料金プラン「Xiトーク24」を提供。Xi対応エリアは現在、大都市圏を中心に順次拡大中だが、「Xiトーク24」の導入によって、まだXi対応エリアでない地域でも、Xiスマートフォンへの問い合わせが相次いでいると山田社長は話した。

「GALAXY S II LTE」の販売価格は割引などを差し引いた実質価格が2〜3万円台。ドコモは今年度中に80万台〜100万台の販売を目差すとしている。

秋葉原でのイベント中には、同日発表の調査会社JDパワーによる「携帯電話サービス顧客満足度調査」で、ドコモが2年連続して想像満足度1位となったという情報も飛び込んだ。知らせを受けた山田社長は「今後も満足度の向上に邁進していきたい」と力を込めた。


おすすめ情報

gooニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索