金融再生戦略を近々発表と オバマ大統領の土曜ネット演説 <特集・オバマのアメリカ>

オバマ米大統領は1月31日、就任後2回目の土曜定例インターネット演説を行った。「Moving Forward (前進)」というタイトルで、「アメリカ再生・再投資計画」の重要性を改めて強調し、新しい金融再生戦略を近く発表すると述べた上で、政府に巨額救済を求めながらもCEOたちに巨額ボーナスを支払ったウォール街のやりようを「恥ずべきこと」と痛罵した。(gooニュース 加藤祐子)

ホワイトハウス公式サイトで公開された、2回目の土曜演説を全文翻訳します(公式サイトには動画もあります)。




この国が経済危機に立ち向かう中、今朝は良い知らせと悪い知らせについてお話したいと思います。

悪い知らせは、かつてない経済混乱の中で苦労している国民の皆さんがすでに実感していることです。アメリカ経済が昨年10月から12月にかけて 4%近くものマイナス成長を記録したと、昨日明らかになりました。下げ幅は過去25年で最大となり、この政権が就任した時からすでにそこにあった経済危機がいかに深刻なものか、改めて強調しました。

すでに1月だけをとっても、経済の失速で何万もの職が失われています。事態が改善するまでには、状況はさらに悪化するでしょう。

間違いのないように。これは単なる数字にとどまりません。ひとつひとつの統計数字の裏には、物語があるのです。多くの国民にとって、日々の生活はひっくり返されてしまいました。多くの家族は、つらい選択を余儀なくされました。子供を持つ親たちは、支払いに負われて苦しんでいます。患者たちは医療費を払えません。学生たちは、学費の高騰についていくことができない。そして労働者たちは、尊厳ある、落ち着いた余生が送れるのかどうか分からずにいます。

私たちは、この挑戦にふさわしい危機感をもって前進しています。これが、皆さんへの良い知らせです。下院は今週、「アメリカ再生・再投資計画」を可決しました。この計画は、今から数年の間に300万以上の雇用を創出するものです。勤労家族の財布には減税をもたらし、エネルギー自給自足や教育、払える程度の医療費、そしてアメリカのインフラに投資することで、アメリカの未来のために頭金を払うものです。

この再生計画はこれから、上院に行きます。そこでも私は両党と協力し続けて、最強の形になった法案が(署名成立のため)私の机までやってくるように努力します。危機対策に失敗した時のツケはあまりに大きすぎる。だからこそ、これまでのような政治の膠着や、相党派対立のポーズを相も変わらず続けているわけにはいきません。新しい方向に向かっていくべき時なのです。

この国の経済が回復するには何カ月ではなく、何年もかかります。アメリカ人はそのことを承知しています。けれども、政争が対策実行の邪魔をして、景気がこのまま悪化し続けたりしたら、国民は我慢しません。だからこそ私は上院に、この法案を可決するよう呼びかけているのです。人々が仕事にもどれるように、そしてこの危機から経済をひっぱりあげるための、長くつらい道のりを歩き始められるように。どんなに包括的なものでも、たったひとつの法案で、この国の経済の病状をすっかり治してしまうことはできません。そのため、雇用創出を一気に活性化させるのと併せて、安定した市場を確保し、信用はきちんと流動し、家族は家に住み続けられるようにしなくてはなりません。

連邦議会は昨年、金融システムを救済する計画を可決しました。この包括プランによって確かに金融システムの破綻は免れたが、その結果に憤慨している人たちはたくさんいるし、それは当然のことです。国民の税金はあまりにもしょっちゅう、不透明に、責任の所在も不明確なままに使われてきた。銀行には支援の手が差し伸べられたのに、ローンを必要としている住宅所有者や学生や小規模企業は放っておかれています。

ただでさえけしからんこの状態に加えて、今週とんでもないことが明らかになりました。ウォール街の企業はあれだけ納税者の支援を求めておきながら、2008年のボーナスとして200億ドルも支払っていたのです。なんとも恥ずべきことです。信用の流動性を保つために私は必要な対策をとる覚悟ですが、ウォール街のこんな傲慢で強欲なふるまいをアメリカ国民が容認するわけがありません。回復への道のりを歩むには、アメリカ中の中央通りからワシントンからウォール街にいたるまで、すべての人が責任ある行動をとらなくてはならないのです。

ティム・ガイトナー財務長官は近々、金融システム再生のための新しい戦略を発表します。ビジネスや家庭に信用が再び行き渡るようにするためのものです。私たちは、住宅ローン負担の低減を支援し、小規模事業が雇用を生み出せるよう融資を提供します。そして経済回復促進のために提供したはずの資金を、企業CEOたちが好き勝手に使わないようにさせます。そして私たちは、前例のないほどの透明性と、厳しい監視、明確な責任の所在を約束し、自分たちの税金がどう使われているのか、どういう成果を出しているのか納税者が把握できるようにします。

歴史上、私たちの国が今回の危機ほど惨憺たる経済問題に直面したことは滅多にありません。けれどもアメリカ国民はあくまでも力強く、私たちは団結するしかありません。道のりは長く続きますが、私は約束します。私は毎日、皆さんの物語をきちんと胸に抱きながら、執務室へ向かうと。この政権は全力で、皆さんの苦しみを和らげ、皆さんの夢が前進するためのお手伝いをしていきます。皆さんは、政府に実行を求めています。今こそワシントンにいる私たちは、自分たちの責任を果たさなくてはなりません。


ADDRESS OF THE PRESIDENT TO THE NATION (January 31, 2009)

This morning I'd like to talk about some good news and some bad news as we confront our economic crisis.

The bad news is well known to Americans across our country as we continue to struggle through unprecedented economic turmoil. Yesterday we learned that our economy shrank by nearly 4 percent from October through December. That decline was the largest in over a quarter century, and it underscores the seriousness of the economic crisis that my administration found when we took office.

Already the slowdown has cost us tens of thousands of jobs in January alone. And the picture is likely to get worse before it gets better.

Make no mistake, these are not just numbers. Behind every statistic there's a story. Many Americans have seen their lives turned upside down. Families have been forced to make painful choices. Parents are struggling to pay the bills. Patients can't afford care. Students can't keep pace with tuition. And workers don't know whether their retirement will be dignified and secure.

The good news is that we are moving forward with a sense of urgency equal to the challenge. This week the House passed the American Recovery and Reinvestment Plan, which will save or create more than 3 million jobs over the next few years. It puts a tax cut into the pockets of working families, and places a down payment on America's future by investing in energy independence and education, affordable health care, and American infrastructure.

Now this recovery plan moves to the Senate. I will continue working with both parties so that the strongest possible bill gets to my desk. With the stakes so high we simply cannot afford the same old gridlock and partisan posturing in Washington. It's time to move in a new direction.

Americans know that our economic recovery will take years -- not months. But they will have little patience if we allow politics to get in the way of action, and our economy continues to slide. That's why I am calling on the Senate to pass this plan, so that we can put people back to work and begin the long, hard work of lifting our economy out of this crisis. No one bill, no matter how comprehensive, can cure what ails our economy. So just as we jumpstart job creation, we must also ensure that markets are stable, credit is flowing, and families can stay in their homes.

Last year Congress passed a plan to rescue the financial system. While the package helped avoid a financial collapse, many are frustrated by the results -- and rightfully so. Too often taxpayer dollars have been spent without transparency or accountability. Banks have been extended a hand, but homeowners, students, and small businesses that need loans have been left to fend on their own.

And adding to this outrage, we learned this week that even as they petitioned for taxpayer assistance, Wall Street firms shamefully paid out nearly $20 billion in bonuses for 2008. While I'm committed to doing what it takes to maintain the flow of credit, the American people will not excuse or tolerate such arrogance and greed. The road to recovery demands that we all act responsibly, from Main Street to Washington to Wall Street.

Soon my Treasury Secretary, Tim Geithner, will announce a new strategy for reviving our financial system that gets credit flowing to businesses and families. We'll help lower mortgage costs and extend loans to small businesses so they can create jobs. We'll ensure that CEOs are not draining funds that should be advancing our recovery. And we will insist on unprecedented transparency, rigorous oversight, and clear accountability -- so taxpayers know how their money is being spent and whether it is achieving results.

Rarely in history has our country faced economic problems as devastating as this crisis. But the strength of the American people compels us to come together. The road ahead will be long, but I promise you that every day that I go to work in the Oval Office I carry with me your stories, and my administration is dedicated to alleviating your struggles and advancing your dreams. You are calling for action. Now is the time for those of us in Washington to live up to our responsibilities.
 

先週の定例土曜演説(gooニュース)
オバマ大統領の就任演説(gooニュース)
「アメリカに変化がやってきた」 オバマ次期米大統領の勝利演説・全文翻訳 (gooニュース)
演説でたどる「オバマ大統領」への道 (gooニュース)


おすすめ情報

gooニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索