景気対策法案の成立訴え オバマ大統領の土曜ネット演説 <特集・オバマのアメリカ>

オバマ米大統領が早期成立を求めている景気対策法案をめぐり、当初提示されていた9000億ドル(約81兆円)規模の内容を7800億ドル(約70兆円)規模に絞り込んだ法案について上院が6日夜、暫定合意に達した。これを受けてオバマ大統領は7日、土曜定例のインターネット・ラジオ演説で、この景気対策を成立させないと経済危機は「国家的な大惨事」になると警告し、週明け早々にも上院で可決するよう呼びかけた。(gooニュース 加藤祐子)

下院はすでに、総額8190億ドル(約74兆円)の景気対策法案を可決している。上院の可決後、両院が法案を一本化して大統領に提出する流れとなるが、「ばらまき」法案に対する共和党の反発は根強い。

ホワイトハウス公式サイトに掲載されたオバマ大統領の土曜定例演説の全文翻訳は以下のとおり――。



経済危機に関する新たなショッキングなニュースで、昨日は幕を開けました。しかし一日の最後は前向きな内容で終わったのが何よりでした。

昨日の朝、またしてもとても心配な雇用統計を知らされることになりました。過去30年来最悪という数字です。1月だけで新たに60万もの職が失われたのです。この景気後退が始まって以来、360万もの職が失われたことになります。

しかし昨夕までに、上院では民主党と共和党が協力し合い、今求められている切迫した危機意識でもって適切に対応しました。

大恐慌以来最大の経済危機の最中にあって、アメリア国民は、この国が直面する大きな課題に連邦議会が真正面から取り組み始めることを期待していました。そもそもそれこそが、昨年11月の選挙のテーマだったのですから。

これほど大規模な立法作業をするからには、議会が先月から実施してきたように緻密な精査が必要ですし、今後もその緻密な精査は続きます。けれども完璧を求めるあまりに、絶対的な必要性をないがしろにしている余裕はありません。この景気対策計画の規模と範囲は適切なものです。そして今こそ行動すべき時です。

この計画実施のために速やかに動かなければ、経済危機は国家的な大惨事となるからです。何百万というアメリカ人が職を失い、家を失い、医療保険を失ってしまうでしょう。さらに何百万もの人たちが、夢を先送りしなくてはならなくなります。

はっきり言います。たった8年間で財政赤字を倍増させ、この国の経済を急降下させ、今のこの混乱をそもそも作り出した当の古臭い経済理論に、何の救済も期待できません。医療費が耐えがたく高騰していること。あまりにも多くの学校が劣悪な状態にあること。外国産石油への依存。あちこちで道路や橋や堤防が崩れつつあること。経済が直面するこうした基本的な課題を無視し、ただ減税一本やりですべての解決になるなどというダメな公式に頼るわけにはいかないのです。

直面する課題は大きい。アメリカ国民はそれは承知しています。国民は民主党の解決策がほしいのでも、共和党の解決策がほしいのでもない。国民はアメリカの解決策を期待しているのです。

最初からこの経済再生策の根幹にあるのは、実にシンプルな発想です。つまり、アメリカが必要とする仕事をするためにアメリカ人を働かせようではないかという。そのために全国で今から2年の間に300万の仕事を救う、あるいは作り出します。メインで1万6000、インディアナで8万近く。どれもほとんどが民間部門での仕事で、どれもアメリカが今日回復し、明日繁栄するための仕事です。

全国で1万校、フロリダだけでも485校の学校で教室や実験室を改修し、数学や科学分野で大勢の教師たちを訓練する。そういう仕事を作り出すのです。

この国の医療システムを刷新し、何十億ドルも節約するだけでなく、無数の命を救済する、そういう仕事を作り出すのです。

効率的な配電網や橋や堤防やダムを作り出すための、仕事です。ニューオーリンズやミネアポリスであったような悲劇が二度と起きないように。

この計画には、苦しむ中産階級の税負担を即効的に軽減する措置も含まれています。たとえばオハイオでは、それによって労働者450万人が最大1000ドルの減税の恩恵を受けることになります。またこの計画が成立すれば、州政府や地域は厳しい増税を回避できるし、教師や看護師や救急隊員たちを一時解雇したりせずに済むのです。

この計画にはそれだけのことがかかっています。アメリカ人が再び働けるようにすること。経済を革新すること。子供たちや何世代にもわたる子供たちの子供たちのため、アメリカン・ドリームに頭金を払うこと。

今や国中で国民は苦しんでいます。そして目の前にあるこの仕事を私たちがやってのけるのか、それだけの力があるのか、注視しています。私たちにはその力があると、国民に示しましょう。今のこの時代、アメリカの約束が生き続けられるよう、そのために必要なことを何でもやってのけましょう。

どうもありがとう。


REMARKS OF PRESIDENT BARACK OBAMA WEEKLY ADDRESS (February 7, 2009)

Yesterday began with some devastating news with regard to our economic crisis.  But I'm pleased to say it ended on a more positive note.

In the morning, we received yet another round of alarming employment figures - the worst in more than 30 years.  Another 600,000 jobs were lost in January.  We've now lost more than 3.6 million jobs since this recession began.

But by the evening, Democrats and Republicans came together in the Senate and responded appropriately to the urgency this moment demands.

In the midst of our greatest economic crisis since the Great Depression, the American people were hoping that Congress would begin to confront the great challenges we face.  That was, after all, what last November's election was all about.

Legislation of such magnitude deserves the scrutiny that it's received over the last month, and it will receive more in the days to come.  But we can't afford to make perfect the enemy of the absolutely necessary.  The scale and scope of this plan is right.  And the time for action is now.

Because if we don't move swiftly to put this plan in motion, our economic crisis could become a national catastrophe.  Millions of Americans will lose their jobs, their homes, and their health care.  Millions more will have to put their dreams on hold.

Let's be clear:  We can't expect relief from the tired old theories that, in eight short years, doubled the national debt, threw our economy into a tailspin, and led us into this mess in the first place.  We can't rely on a losing formula that offers only tax cuts as the answer to all our problems while ignoring our fundamental economic challenges - the crushing cost of health care or the inadequate state of so many schools; our addiction to foreign oil or our crumbling roads, bridges, and levees.

The American people know that our challenges are great.  They don't expect Democratic solutions or Republican solutions - they expect American solutions.

From the beginning, this recovery plan has had at its core a simple idea:  Let's put Americans to work doing the work America needs done.  It will save or create more than 3 million jobs over the next two years, all across the country - 16,000 in Maine, nearly 80,000 in Indiana - almost all of them in the private sector, and all of them jobs that help us recover today, and prosper tomorrow.

Jobs that upgrade classrooms and laboratories in 10,000 schools nationwide - at least 485 in Florida alone - and train an army of teachers in math and science.

Jobs that modernize our health care system, not only saving us billions of dollars, but countless lives.

Jobs that construct a smart electric grid, connect every corner of the country to the information superhighway, double our capacity to generate renewable energy, and grow the economy of tomorrow.

Jobs that rebuild our crumbling roads, bridges and levees and dams, so that the tragedies of New Orleans and Minneapolis never happen again.

It includes immediate tax relief for our struggling middle class in places like Ohio, where 4.5 million workers will receive a tax cut of up to $1,000.  It protects health insurance and provides unemployment insurance for those who've lost their jobs.  And it helps our states and communities avoid painful tax hikes or layoffs for our teachers, nurses, and first responders.

That's what is at stake with this plan:  putting Americans back to work, creating transformative economic change, and making a down payment on the American Dream that serves our children and our children's children for generations to come.

Americans across this country are struggling, and they are watching to see if we're equal to the task before us.  Let's show them that we are.  And let's do whatever it takes to keep the promise of America alive in our time.

Thank you.

 

先週の定例土曜演説(gooニュース)
オバマ大統領の就任演説(gooニュース)
「アメリカに変化がやってきた」 オバマ次期米大統領の勝利演説・全文翻訳 (gooニュース)
演説でたどる「オバマ大統領」への道 (gooニュース)


おすすめ情報

gooニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索