景気対策成立は「大きな一里塚」 オバマ大統領の土曜ネット演説 <特集・オバマのアメリカ>

就任後最初の大関門とされていた景気対策法案が総額7870億ドル(約72兆円)規模でまとまり、米議会上下両院で可決された。これを受けてオバマ米大統領は14日、土曜定例のインターネット演説で、「回復へ向かう道程の大きな一里塚」と歓迎し、近く署名し成立させる方針を示した。(gooニュース 加藤祐子)

ホワイトハウス公式サイトに掲載された演説の全文翻訳は以下の通り(公式サイトには動画も)。




私は今週、国内各地で経済危機のために苦しんでいるアメリカ国民と時間を共にしました。切り詰めて貯金してやっと立ち上げた会社や店をたたんでしまっている人たち。これこそが自分たちのアメリカン・ドリームの足がかりだった家を、失ってしまう家族。より良い生活を諦めてしまい、ただ日々をやりすごす、そんな赤裸々な現実を受け入れてしまった人たち。

この人たちは皆、今こそ希望を必要としている今、自分たちがワシントンに送り込んだ政治家たちがどうするのか、じっと見つめていました。

今日のこの朝、私は嬉しいご報告ができるのを喜んでいます。あらゆる異なる意見を戦わせた健全な議論の末、アメリカ国民のために本物の、具体的な成果をお届けすることができたのです。

連邦議会は私の経済回復計画を可決しました。これはこの国が今、なんとも必要としている、実に野心的な計画です。今から2年間で350万もの新しい雇用を生み出し、企業の支出も消費者の支出も刺激し、絶えることのない経済成長と繁栄のため新しい基盤を作り出すものです。

これは、私たちが回復へ向かう道程の大きな一里塚です。これを実現するために共通の目的を抱いて集まった連邦議会の議員の皆さんに感謝したい。議員たちが実現させたからこそ、和たちは間もなくこの法案に署名し、法律として成立させます。そしてアメリカが必要とする仕事を担うべく国民を職場に復帰させるため、必要な投資をただちに開始します。

この国の医療システムを刷新し、無数の命を救い、何十億ドルを節約すること。アメリカ各地の学校において教室や図書室や実験室を改修すること。

風力タービンや太陽光パネルを各地に作り、そうやって生み出されるクリーン・エネルギーを各地に運ぶために必要な最新の配電網を作り出すこと。情報スーパーハイウェーに誰もが接続できるように、どんな農村の家庭も、学校も企業も接続できるよう、ブロードバンドのインターネット回線を敷設すること。

まさに崩れつつある道路や端を修復し、危険なほど脆弱なダムや防波堤を修復すること。そうした作業のため、国民が仕事を開始できるようにするのです。

そして私たちは、何も悪くないのに仕事を失った人々を救うため、必要な失業手当を提供し、不可欠な医療ケアを守ります。

これほど大規模で甚大な計画を本当に効果的に実行できるのか、疑っている人たちがいます。疑う気持ちもよくわかります。ここ数年というもの、ワシントンは良いお手本とは言い難い有様でした。これほどの正念場となった今、今までとは違うやり方をし始めなくてはなりません。

だからこそ、かつてないほど厳密に明確に責任の所在を示しつつ、透明性を確保しつつ、この大事なお金を使うようにしなくてはなりません。それを確実にするような運営と監督と情報開示のシステムを作るよう、閣僚とスタッフには指示をしましたし、州政府や市町村にもそうするよう求めていくつもりです。

この計画がいざ実施段階に入った暁には「recovery.gov」という新しいウエブサイトを通じて、国民誰もが、金がどこに使われたか監視できるようになり、意見や質問を通じて参加できるようになります。全国民に、参加するよう呼びかけます。結局のところ、使われるのは皆さんのお金なのですから。自分たちのお金が何にどう使われるのか、知る権利が皆さんにはあります。

この歴史的な一歩は決して、経済回復のために私たちが打つ手の全てではありません。これは始まりなのです。私たちを危機に落とし込んだ諸問題は深く、幅広い。だからこそ対応も、同様に深く広範でなくてはなりません。

計画が成功するには、金融システムを安定させ、修復し、改革しなくてはなりません。そして資金が再び世帯や企業に流れるようにしなくてはなりません。

金融システムを渡り歩くための新しいルールを作り、執行しなくてはなりませんし、いい加減な投機家が私たちのこの経済を損なうようなことは、二度とあってはなりません。

住宅差し押さえを抑制し、責任ある住宅所有者たちが今後も自分の家にとどまれるよう最大限の努力をしなくてはなりません。

そしてこれから数週間の内に私は、この喫緊の日々が求める規律回復の端緒となる、連邦政府予算案を提示します。過去8年で国家の財政赤字は倍増し、私たちは1兆円の赤字を引き継いでしまいました。しかも目下のところ病んであえいでいる経済を一気に回復させるために、私たちはその赤字を、短期的にせよ、さらに拡大しなくてはならないのです。

しかし長期的な経済成長のためには、膨張する連邦政府の赤字を緊縮しなくてはなりません。必要なものには投資するけれども、不要なものは切り捨てるのです。これは難しい課題ではありますが、達成可能ですし、達成するのです。

私は今朝、同じように不安な時代にケネディ大統領が語った言葉を思いだしています。「楽な人生を求めて祈ってはなりません。強い人間になれるよう祈りなさい。自分の力に見合った責務を求めて祈ってはなりません。与えられた責務に見合った力を与えて下さいと祈るのです」と。

アメリカよ、私たちは与えられた責務にかなう働きをします。時間もかかるし、努力も必要ですが、共に努力することで、私たちはこの危機を機会に変化させ、辛い現在をより輝かしい未来へと変身させてみせます。この国が擁する、根っから真当な人たちと一週間ともに過ごした今ほど、そう強く確信したことはありません。

ありがとう。


WEEKLY ADDRESS OF THE PRESIDENT TO THE NATION (February 14, 2009)

This week, I spent some time with Americans across the country who are hurting because of our economic crisis. People closing the businesses they scrimped and saved to start. Families losing the homes that were their stake in the American Dream. Folks who have given up trying to get ahead, and given in to the stark reality of just trying to get by.

They've been looking to those they sent to Washington for some hope at a time when they need it most.

This morning, I'm pleased to say that after a lively debate full of healthy difference of opinion, we have delivered real and tangible progress for the American people.

Congress has passed my economic recovery plan – an ambitious plan at a time we badly need it. It will save or create more than 3.5 million jobs over the next two years, ignite spending by business and consumers alike, and lay a new foundation for our lasting economic growth and prosperity.

This is a major milestone on our road to recovery, and I want to thank the Members of Congress who came together in common purpose to make it happen. Because they did, I will sign this legislation into law shortly, and we'll begin making the immediate investments necessary to put people back to work doing the work America needs done.

The work of modernizing our health care system, saving billions of dollars and countless lives; and upgrading classrooms, libraries, and labs in our children's schools across America.

The work of building wind turbines and solar panels and the smart grid necessary to transport the clean energy they create; and laying broadband internet lines to connect rural homes, schools, and businesses to the information superhighway.

The work of repairing our crumbling roads and bridges, and our dangerously deficient dams and levees.

And we'll help folks who've lost their jobs through no fault of their own by providing the unemployment benefits they need and protecting the health care they count on.

Now, some fear we won't be able to effectively implement a plan of this size and scope, and I understand their skepticism. Washington hasn't set a very good example in recent years. And with so much on the line, it's time to begin doing things differently.

That's why our goal must be to spend these precious dollars with unprecedented accountability, responsibility, and transparency. I've tasked my cabinet and staff to set up the kind of management, oversight, and disclosure that will help ensure that, and I will challenge state and local governments to do the same.

Once the plan is put into action, a new website - "recovery.gov" – will allow any American to watch where the money goes and weigh in with comments and questions – and I encourage every American to do so. Ultimately, this is your money, and you deserve to know where it's going and how it's spent.

This historic step won't be the end of what we do to turn our economy around, but the beginning. The problems that led us into this crisis are deep and widespread. Our response must be equal to the task.

For our plan to succeed, we must stabilize, repair, and reform our banking system, and get credit flowing again to families and businesses.

We must write and enforce new rules of the road, to stop unscrupulous speculators from undermining our economy ever again.

We must stem the spread of foreclosures and do everything we can to help responsible homeowners stay in their homes.

And in the weeks ahead, I will submit a proposal for the federal budget that will begin to restore the discipline these challenging times demand. Our debt has doubled over the past eight years, and we've inherited a trillion-dollar deficit – which we must add to in the short term in order to jumpstart our sick economy. But our long-term economic growth demands that we tame our burgeoning federal deficit; that we invest in the things we need, and dispense with the things we don't. This is a challenging agenda, but one we can and will achieve.

This morning, I'm reminded of words President Kennedy spoke in another time of uncertainty. "Do not pray for easy lives. Pray to be stronger men. Do not pray for tasks equal to your powers. Pray for powers equal to your tasks."

America, we will prove equal to this task. It will take time, and it will take effort, but working together, we will turn this crisis into opportunity and emerge from our painful present into a brighter future. After a week spent with the fundamentally decent men and women of this nation, I have never been more certain of that.

Thank you.
 

先週の定例土曜演説(gooニュース)
オバマ大統領の就任演説(gooニュース)
「アメリカに変化がやってきた」 オバマ次期米大統領の勝利演説・全文翻訳 (gooニュース)
演説でたどる「オバマ大統領」への道 (gooニュース)


おすすめ情報

gooニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索