ドトールやカフェ・ベローチェ、サンマルクなど、数多く存在している日本のカフェチェーン店。

中でも首都圏を中心として喫茶店をチェーン展開しているカフェチェーンで、ゆったりとくつろげるカフェの1つが「ルノアール」だ。

今では首都圏に90店舗以上を構える巨大な喫茶店チェーン「ルノアール」だが、その歴史の始まりは1957年(昭和32年)までさかのぼる。

ルノアールの歴史は、東京都中野区の煎餅店「花見煎餅」が1957年(昭和32年)10月に四谷に喫茶店を開業したことから始まる。その後、同社が喫茶店事業部のみを独立させ、日本橋に1号店を開店、今のような喫茶チェーンへと成長を遂げたのだ。

そんなルノアールには「喫茶室ルノアール」以外にも、「Cafe ルノアール」や「NEW YORKER’S Cafe」や「Cafe Miyama」など合計8つの様々なスタイルの喫茶店の業態が存在しており、日々、多くの人々の癒しの喫茶タイムを演出している。

今回はそんなルノアールの中でもボランタリーチェーンと呼ばれる特徴あるフランチャイズ店をご紹介したい。

それがルノアール・大塚店だ。

ルノアール・大塚店はJR大塚駅の北口から歩いて1分もしない場所にあるビルの2階に存在しているため、他のルノアールとの違いは外観からは感じられない。
IMG_0634
IMG_0589

ただ、一足お店に足を踏み入れてメニューをみると、他のルノアールではまずお目にかかれないようなメニューがたくさん存在している。

通常のルノアールにもあるトーストやサンドイッチはもちろんなのだが、
IMG_0595

ここには喫茶店の定番メニューであるナポリタンをはじめとしたパスタメニューにサイドメニューのサラダ、
IMG_0594

さらにはビールにウイスキー
IMG_0592

そして釜飯やおかずも存在しているのだ。
IMG_0590

そんなルノアール大塚店で是非味わっておきたいのが、100%のビーフパテをつかったジューシーなルノアールバーガーもしくはチーズバーガーだ。
IMG_0591

包み紙に優しくはさまれた状態で提供されるルノアールのハンバーガーは非常に香ばしいバンズのかおりが嬉しい逸品。

チーズバーガーをオーダーすると100%のビーフパテをくるむように溶けたチーズがたっぷりとかけられており、その見た目だけでも美味しさが伝わってくる。
IMG_0613

もちろんそんな美味しいハンバーガーはビールとの相性も抜群だ。
IMG_0614

ひとくちハンバーガーにかぶりつけば、その美味しさは口の中で爆発する。

ビーフ100%のパテからはジューシーな牛肉のうまみが溢れ出し、とろけたチーズとともに絶妙な味わいを楽しむことが可能だ。

そしてそこにシャキシャキのレタスの食感とトマトのさっぱりとした酸味が加わるのだから、たまらない。

思わず一気に食べ進めてしまいそうになるほどのうまさなのだ。
IMG_0618

外出自粛が続くこの頃、外出自粛が解除されたら行きたい、そんなお店のリストを集めて今のうちに集めるのもいいかもしれない。

そして自粛があけたのなら、いつもとは違うルノアールで、美味しいご飯メニューを味わうために、大塚駅周辺を訪れる、そんな日があってもいいのかもしれない。

きっとそこでは、いつもと同じ美味しいルノアール大塚店だけのメニューがあり、いつもと同じ常連さんたちが癒しの時間を過ごしているに違いないのだ。

お店 ルノアール 大塚店
住所 東京都豊島区北大塚2-2-2 ランドマークビル 2F

IMG_0615

IMG_0617