いよいよ4月1日にオープン!レゴランド・ジャパンの魅力を一足先にご紹介!

いよいよ4月1日にオープン!レゴランド・ジャパンの魅力を一足先にご紹介!

2017年4月1日(土)に、愛知県名古屋市にオープンする「レゴランド・ジャパン」。

先日、報道陣にお披露目され、気になる全容が明らかになりましたので、一足早く見どころをご紹介します。


レゴランド・ジャパンは、レゴランドとして世界7カ国で8カ所めで日本初進出となり、レゴブロックをモチーフにした40以上のアトラクションやショーなどが楽しめる屋外型テーマパークです。


園内には約1万体のレゴブロックで作られた動物や人形などの展示があり、今にも動き出しそうなリアルな出来栄えにビックリ!園内各所に大小様々なキャラクターいろいろな所に配置されているので、見て回っているだけでも楽しめます。


レゴファンならずとも、食い入るように見入ってしまうであろう「ミニランド」は、名古屋城やナゴヤドームなど地元の名所をはじめ、国内各地の名所や世界遺産など日本中の建物500施設が、1000万個以上のレゴブロックで延べ50万時間かけてレゴブロックで再現されています。

世界のレゴランドそれぞれにミニランドはありますが、一つとして同じものはなく、レゴランド・ジャパンのミニランドは名古屋に訪れないと見ることが出来ない風景が広がっています。


ディテールの細かさや、建造物の再現力の高さにただただ驚くばかり。そして、様々な場所で繰り広げられている街の人々たちのシチュエーションがとても興味深く、それぞれにストーリーがあって、想像力を掻き立てられます。


例えば、中日ドラゴンズの本拠地であるナゴヤドームでは、ドームの特徴がただ再現されているだけでなく、ドーム内部の売店や通路、観客や選手たちなど野球観戦のシーンがあらゆる角度から再現されているのです。

名古屋城には金のしゃちほこや、おもてなし武将隊らしき姿も。

こんなところに、こんな人々が!など、とにかく見ていて飽きない必見のエリアです。それぞれの建造物にはいろいろな仕掛けボタンもあるので、こちらも要チェックです。


小さいお子さまだけでなく、大人も童心に返って思わずはしゃいでしまうアトラクションも見逃せません。

中でも「サブマリン・アドベンチャー」は、潜水艦の乗り物に乗りながら水中にいる魚やレゴが楽しめます。

まるで海底の遺跡を探検しているかのよう!このアトラクションは、レゴランド・ジャパン、イギリス、ドバイの3つしかないアトラクション。座った場所で出会える魚たちが違ったりするので、何度も乗りたくなってしまいます。


また、レゴブロックについて学んだり、作ったりできるブースや、オリジナルのミニフィグを作れるショップなども見逃せません。


各エリアにはそのコンセプトにあったお土産ショップがあり、お買い物も楽しめます。特に入り口近くの「ビッグショップ」では、レゴランドでしか買えない限定アイテムをはじめ、アジア最大級の品揃えとなっています。

まだまだお伝えしたい魅力はたくさんありますが、是非訪れて、見て体験してほしい名古屋にオープンする日本初の「レゴランド・ジャパン」。

ここでしか見れない、体験できないレゴの世界へ、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

≪レゴランド・ジャパン(LEGOLAND JAPAN)≫

◎オープン:2017年4月1日(土)10時から
◎住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2
◎電車:新幹線名古屋駅からあおなみ線「金城ふ頭駅」すぐ
◎車 :伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」すぐ
◎駐車場:5000台(金城ふ頭駐車場、500円/60分、平日最大1500円、休日1500円)
◎料金:1DAY 大人:6,900円(税込)、3歳〜12歳:5,300円(税込) ※2歳以下無料
◎年間パスポート(枚数限定) 大人:17,300円(税込)、子ども:13,300円(税込) ※有効期間:2017年4月1日から1年間
◎公式ホームページ:https://www.legoland.jp/

関連記事

GOTRIP!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索