【世界の街角】おとぎの国・デンマークの象徴、メルヘンチックな港町「ニューハウン」の秘密

【世界の街角】おとぎの国・デンマークの象徴、メルヘンチックな港町「ニューハウン」の秘密

デンマークの首都・コペンハーゲンを象徴する風景が「ニューハウン」。いえ、コペンハーゲンのみならず、おとぎの国・デンマークの象徴といってもいいかもしれません。

「ニューハウン」とは、デンマーク語で「新たな港」という意味。赤や黄色に緑や青といった、色とりどりの木造家屋が建ち並ぶメルヘンチックな港町です。

「コペンハーゲンに来た!」と実感できる最高のフォトスポットだけあって、いつも多くの観光客でにぎわっています。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンが愛した場所としても知られていて、彼は通算18年をこの地区で暮らしたといいます。アンデルセンが暮らした家は現在も残っており、壁には彼の名前と来歴が記された石板が埋め込まれています。

そんな、デンマークを代表するフォトジェニックな港町・ニューハウン。実は、この町にはある秘密があります。

それは、このニューハウンが掘削によって造られた北欧最古の人工港だということ。

市街地が拡大していた国王クリスチャン5世の時代、1671年に工事が始められ、1673年に幅30〜40メートル、長さ400メートルの港が完成しました。

ニューハウンが建設された場所は、海流によって海水が常時入れ替わるためにヘドロが堆積せず、年間を通じてほとんど潮位が変動しない、港の建設にふさわしい場所。当時の施工担当者が、自然条件を知り尽くしたうえでこの地点を選んだことがわかります。

開港当時のニューハウンは、運河を行きかう船が運んできた貨物が続々と荷揚げされ、活気に満ちていたといいます。同時に、長い航海を終えた船乗りたちが羽を伸ばす居酒屋街としてもにぎわっていました。

しかし、物流の主役が帆船から蒸気船へ、そして鉄道へと交代していくなかで、港としてのニューハウンの重要性は失われました。1900年代のドイツ占領下では、レジスタントの拠点となったことで、一般市民は近づかない場所となり、その後どんどん荒廃していきます。

ニューハウンに再び活気がみなぎるきっかけとなったのは、1973年、帆船の所有者が帆船協会を通じてニューハウンを歴史地区として復元することを市に提案したことでした。

その結果はご覧の通り。

かつてのような港としての役割はほぼ失われましたが、ニューハウンはおしゃれなレストランやカフェが集まる観光地としての輝きを取り戻しました。

爽やかな風に吹かれながら、運河を臨むオープンテラスで食事やお茶を楽しむひとときは、これ以上ないほどに開放的。アイスクリームやワッフルなどを売る店もあり、運河沿いに腰掛けてそれらを食べるのもまた粋です。

ニューハウンは運河ツアーの発着地にもなっており、観光客を乗せたボートが行きかう光景に、港町の情緒を感じることができます。

1673年に北欧最古の人口港として誕生した後、紆余曲折を経て、メルヘンチックな港町としてよみがえったニューハウン。

おとぎの国・デンマークを代表する風景が楽しめるこの場所は、古くて新しい港町なのです。

関連記事

GOTRIP!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索