ノアは12日、3・8横浜文体大会で佐野巧真の“プロレス卒業セレモニー”を開催すると発表した。また2・24名古屋大会へのザ・グレート・カブキの来場も決まった。

 佐野は新日本1・4&1・5東京ドーム大会で行われた獣神サンダー・ライガー引退記念に出場。その直後にSNSを更新し、ひっそりと自身も現役を引退することを表明していた。佐野は元ノア所属で、高山善廣とのコンビでGHCタッグ王座戴冠を果たしたほか、故・三沢光晴さんとはGHCヘビー級王座をかけて日本武道館で激闘を展開。功労者でもある佐野の“卒業セレモニー”をノアで開催することになった。

 また、齋藤彰俊デビュー30周年記念試合が行われる名古屋大会へのカブキ来場も決定。かつて平成維震軍として齋藤と行動をともにした越中詩郎、青柳政司、そしてカブキが名古屋大会に集結する形となる。