ノアは26日、あす(27日)開催予定だった神奈川・横浜ラジアントホール大会と、ビッグマッチとなる5・2大田区大会の2大会を中止すると発表した。

 いずれも新型コロナウイルス感染拡大を防止する観点からの判断。横浜大会は全日本プロレスとの対抗戦や桜庭和志の参戦が決まっており、直前まで開催予定だったが、東京都に続いて神奈川県内にも行政側から外出自粛の要請が出されたことを受け、急きょ中止を決めた。

 両大会とも販売済みのチケットはすべて払い戻される。横浜大会の払い戻し方法に関する詳細は後日アナウンスされる。

 旗揚げ20周年イヤーとなるノアだが、記念ビッグマッチとなる3・8横浜文化体育館大会が新型コロナの影響を受けて中止に。4大GHC戦や対抗戦などの好カードを3・27横浜ラジアント大会と3・29後楽園2大会にスライドして開催する予定だったが、ここに来て横浜も中止、後楽園は無観客での実施に変更された。

 4月4日からは毎春恒例の『グローバル・タッグリーグ戦』がエディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場大会から開幕予定。大阪府では外出自粛要請は出ていないものの「飲食を伴う花見自粛」などが呼びかけられている現状にある。