『GHC NATIONAL CHAMPIONSHIP SUGIURA vs NAKAJIMA』ノア特設アリーナ(2020年5月9日配信※TVマッチ)
○桜庭和志&レネ・デュプリ&NOSAWA論外vs拳王&征矢学&覇王×

 “MMA技"をプロレスと融合させるスタイルで輝きを増す桜庭が、この日は綺麗なプランチャも発射して存在感を発揮。一方で試合後には杉浦軍番頭の論外が、鈴木秀樹ら杉浦軍メンバー4人の“一時解雇"を発表したほか、“悪魔仮面"ケンドー・カシンの招へいを示唆した。

 無観客のノアTVマッチで、はからずも桜庭の存在感が増している。5・3配信のTVマッチでは、稲村との一騎打ちで最新MMA技であるデラヒーバフットロックをフィニッシュにセレクト。MMAの最先端をプロレスに持ち込む説得力十分のギブアップ勝ちで、桜庭にしかできない“新境地"の片鱗をみせた。

 この日は6人タッグマッチで反骨集団『金剛』と対決。先のイリミネーション戦では拳王に丸め込まれて決勝3カウントを許した桜庭だったが、この日はヒザ十字固めなどで何度もロープエスケープに追い込んだ。前回TVマッチでは未遂に終わったプランチャも発射。通常興行ならば観客の大きな“どよめき"も必至なほど、綺麗なフォームで決めてみせた。最後はMMAではおなじみの“オモプラッタ"で覇王を料理。金剛への雪辱に成功すると同時に、ノアへの順応やMMA技の直輸入で独自の輝きと存在感をさらに強めた。

 一方で試合後には杉浦軍の番頭役でもある論外が、杉浦軍の“人員整理"を突じょ発表。“チーム力"が問われるイリミネーション戦で金剛に敗れたことを踏まえ、幅が広すぎたメンバーを一度厳選して結束力強化につなげる考えを示し、鈴木秀樹、KAZMA SAKAMOTO、関根シュレック秀樹、ディック東郷の4人を“一時解雇"としたことを明かした。

 「せっかく慣れてきたんで!」と露骨に焦った桜庭は残留を約束されて安堵の笑顔。ボス杉浦がGHC戦敗退を理由に一時解雇を通告していた藤田和之については、音信不通のため通知ができず「暫定的な残留」となった模様だ…。

 ちなみに“一時解雇"とは、新型コロナの影響で厳しさを増す雇用状況のなかで注目された言葉。レイオフとも呼ばれ、再雇用の可能性を含んだ解雇だ。プロレス界でも世界最大手の米WWEが、新型コロナの影響で多くのレスラーやスタッフを解雇、一時解雇としている。NXTのコーチを務めていたカシンも解雇が発表されたばかりだ。

 そして、改めて“厳選"した杉浦軍メンバーを列挙し始めた論外は「杉浦貴、桜庭和志、大原はじめ、吉岡世起、NOSAWA論外、レネ・デュプリ、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、あと藤田和之に限っては音信不通のため暫定の残留メンバー。で、あとケンドー・カシン」と、さり気なくカシンの新加入を示唆。

 報道陣に突っ込まれると「言ってないよ、言ってない」とすっとぼけたものの、論外とカシンは『はぐれIGFインターナショナル』などで共闘していた仲。タイミングがタイミングなだけに、杉浦軍への悪魔仮面加入が浮上した。論外の独断専行と思われ、例によってボス杉浦は「何も知らない」ことが濃厚。解雇メンバーによる、あらゆるボヤキや反発も予想されるだけに、杉浦軍が一層ややこしいことなってきた…。

【試合後の桜庭&デュプリ&論外】
▼論外「この前、金剛と杉浦軍がやり合って、なんか拳王が『杉浦軍は寄せ集めの集団だ』って言ってたけど、まぁ言われてみればそうだな。ただ、寄せ集めでも金剛なんかより全然チームワークができてると思うよ。杉浦軍のほうが。桜庭さんの連絡先も知らねえけど。でもリングに上がれば、金剛の言う信念?ってヤツ、杉浦軍のほうがあるんじゃねえか? ラスボス(杉浦)見てみろ。なんだあの東京スポーツの記事。(防護服のカメラマンと)同じ格好して。あれが信念ってモンだよ。そこでだ。杉浦軍が寄せ集めって言われて、確かにそうだな…って思うこともあって、杉浦軍の中を一度整理しようと思って。一時解雇ってヤツ」

▼桜庭「…え?(汗)」

▼論外「杉浦軍の中を一時整理して、寄せ集めの集団って思われないようにしようかと…」

▼桜庭「ゆ、郵便番号教えるんで! それで連絡してもらえれば大丈夫なんで! せっかく慣れてきたんで!」

▼論外「とりあえず一時解雇メンバーは鈴木秀樹、KAZMA SAKAMOTO、関根シュレック秀樹、ディック東郷、この4人を一時解雇ということで…」

▼桜庭「ディックさんは同じ秋田出身なんで…!」

▼論外「残留メンバーが杉浦貴、大原はじめ、NOSAWA論外、GHCタッグチャンピオンのレネ・デュプリ、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、吉岡世起、あとは…桜庭さんまだやってくれるんですか?」

▼桜庭「はい、はい!(※かしこまって頭を下げる)」

▼論外「そして藤田和之。藤田和之に関しては一時解雇したいけど、音信不通のため連絡がとれないんで、暫定的な残留メンバー。で、あと一人、ケンドーカシン」

――…カシンが新加入する?

▼論外「え? 言ってない。じゃあ、もう一回言おうか。杉浦貴、桜庭和志、大原はじめ、吉岡世起、NOSAWA論外、レネ・デュプリ、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、あと藤田和之に限っては音信不通のため暫定の残留メンバー。で、あとケンドー・カシン。え? なんかおかしい? それが新しい杉浦軍の“寄せ集めじゃない"厳選したメンバー。それでもう一回やろうぜ、あの(金剛との)イリミネーションとシングル。俺はもう一回拳王とやりたいね。拳王は桜庭さんと見たいなっていうのはあるけど。その中から6人選んで。いつでもいいよ。(※デュプリに)ユー・ノー・ファイヤーね」

▼デュプリ「センキュー!」

▼論外「ユー・タッグチャンピオンね! (桜庭とも握手しながら)末永く。まぁこの件に関してラスボスは何も知らないから。このあとラスボスはナショナルあるから、今日以外に(質問を)振ってあげたほうがいいんじゃない? 動揺されても俺のせいになるんで。この間、雨降っただろ? 俺が10年ぶりに練習しに道場に行ったから雨降って、ラスボスが雨で帰れなくなったんだよ。それでめっちゃ怒られたんだから。『来んなよ!』って。それくらい金剛より信念があるから、杉浦軍は。桜庭さんも、今日念願のプランチャをやって。それを聞いたほうがいいよ。俺が言ってないような名前のことを聞くんじゃなくて」

▼桜庭「いや、この前(プランチャを)イリミネーションでやろうとしたら、ダメだって言われて…」

▼論外「いやいや、(オーバー・ザ・トップロープで)負けちゃいますから(笑) ルール、ルール」

▼桜庭「でも今回は『やれ』って……さっきのメンバーといい言ってることが……」

▼論外「じゃあ桜庭さんも…」

▼桜庭「いやいやいや! 大丈夫ですから! 今のなし(笑)」

▼論外「ということで、俺は言ってないからね! 俺、なんて言った?」

――カシンと…

▼論外「うん、元気でやってくれてれば良いよね。よろしくお伝え下さい」