『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』(2020年7月2日)
「NEW JAPAN CUP 2020」準々決勝 ○高橋ヒロムvs石井智宏×

 ヒロムが石井を正面突破。ヘビー級から3連勝を挙げて、NEW JAPAN CUP準決勝進出を決めた。次なる相手はオカダ・カズチカに決定したが、「ジュニア王者として、俺は石井を倒した。ヘビー最強の石井を倒したんだ」と胸を張ったヒロムは「優勝して当たり前だ」と吠えた。

 階級関係なくジュニアヘビー級も参加している今年のNJC。IWGPジュニア王者のヒロムもエントリーし、ヘビー級の本間、矢野を撃破して準々決勝まで勝ち上がってきた。今宵の相手は実力者・石井。ヒロムにとっては高い壁になる。それでも前哨戦後に真っ向勝負を予告していたが、その言葉が現実のものになった。

 ショルダータックル合戦、チョップ合戦で幕開け。ヒロムはスピードを活かして果敢に仕掛けるも、石井がパワーの差を見せつけて押し切る。攻撃の合間に「そんなもんか、オラ」、「チャンピオンどうした!?」と挑発。すると、ヒロムの闘志に火が点き、串刺しラリアットから顔面低空ドロップキックに繋げて活路を開いた。コルバタをお見舞いすると、逆に「どうした!?」と言い放ち、ファルコンアローで完璧に投げてみせる。

 気持ちで引かない石井は、ヒロムに負けないスピードで先読み合戦に競り勝ち、バックドロップでぶん投げる。ヒロムのD(フランケンシュタイナーからの三角絞め)に捕まっても、強引に抱え上げ、コーナーに投げつけて脱出。串刺しラリアット、雪崩式ブレーンバスターで畳みかけると、ヒロムのビンタを受け止めたうえで、延髄斬りで足止めし、こん身のラリアットがクリーンヒットした。ヒロムは吹き飛んで1回転。それでもロープを掴んで懸命に立ち上がると、エルボーを連打するが、石井はエグい一撃でねじ伏せ、主導権を渡さない。

 大ピンチを迎えたヒロムは、ラリアットを何度も食らって防戦一方になりながらも、垂直落下式ブレーンバスターだけは必死に防いでチャンスを待つ。そして、突っ込んできた石井を抱え上げると、ダイナマイトプランジャーがさく裂。ラリアット連発は仁王立ちされたが、トラースキックでぐらつかせると、コーナーめがけてのデスバレーボムを繰り出した。

 ヒロムのTIME BOMBやリバースフランケンは未遂に終わり、石井の投げ捨てジャーマンの餌食になるが、それでもお株を奪うノーモーション頭突きで腰砕けにさせると、ロープを往復してフルスイングのラリアットを叩き込む。ここでついにTIME BOMBが火を噴いた。

 これでも不死身の石井は沈まず。ヒロムはマットを叩いて悔しがる。ならばと1・4東京ドームでウィル・オスプレイを沈めた切り札・TIME BOMB IIを狙うが、石井も譲らず、ノーモーション頭突きをぶち込んで雄叫び。しかし、組みついてきた石井に対し、ヒロムはブレーンバスターの体勢から繰り出す急角度コンプリートショットをズバリ。危険な新技で勝機をこじ開けると、今度こそTIME BOMB IIを爆発させて、石井から完璧な3カウントを奪い取った。

 奇策や丸め込みではなく、石井を正面突破したヒロムがNJC4強一番乗り。激闘によるダメージでフラフラになりながらも、ジュニアのベルトを高々と掲げると、倒れる石井に対し、「ジュニア王者を舐めんな、バカヤロー。ジュニア王者の気持ちだ!」と言い放ってジュニアのプライドをむき出しにした。

 バックステージでは「この俺は、このトーナメントのダークホースか? 今日の勝利は番狂わせか? 笑わせんな。順当だ、バカ野郎。俺はIWGPジュニアヘビー級チャンピオンだぞ。負けるわけにいかねえんだよ」と強調。「俺は今日、自信を持って、誇りを持って、自慢気に、高らかに言うぞ。俺はヘビー級で一番強え男、石井智宏に勝ったんだ。ジュニア王者として、俺は石井を倒した。ヘビー最強の石井を倒したんだ」と胸を張った。

 「このあと、石森が来ようが、オカダが来ようが、俺には関係ない。潰して、優勝してやる。ただそれだけだ。優勝して当たり前だ。ゴールデンタイム生中継、楽しみにしてるから」と優勝を見据えたヒロム。明日(3日)の準決勝では昨年覇者・オカダとの激突が決まった。石井以上の強敵だが、ヒロムはジュニア王者としてヘビー級4タテを成し遂げて王手をかける。

【ヒロムの話】「この俺は、このトーナメントのダークホースか? 今日の勝利は番狂わせか? 笑わせんな。順当だ、バカ野郎。俺はIWGPジュニアヘビー級チャンピオンだぞ。負けるわけにいかねえんだよ。誰にも負けるわけにはいかねえんだ。優勝して当たり前だ。石井、石井智宏、ジュニアもヘビーも関係ねえか? 関係ねえじゃ、困るんだよぉ! 俺がジュニアでやってきたこと、言い続けてきたこと、それが壊れちまう。ジュニアもヘビーも関係ねえじゃ困るんだ。俺は今日、自信を持って、誇りを持って、自慢気に、高らかに言うぞ。俺はヘビー級で一番強え男、石井智宏に勝ったんだ。ジュニア王者として、俺は石井を倒した。ヘビー最強の石井を倒したんだ。このあと、石森が来ようが、オカダが来ようが、俺には関係ない。潰して、優勝してやる。ただそれだけだ。優勝して当たり前だ。ゴールデンタイム生中継、楽しみにしてるから」

※石井はノーコメント