『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』(2020年7月2日)
「NEW JAPAN CUP 2020」準々決勝 ○オカダ・カズチカvs石森太二×

 オカダが外道の介入に手を焼きながらも石森との闘龍門出身対決に勝利。準決勝で対決するヒロムに「根っからのヘビー級の凄さ、現実見せてやるよ」と通告した。

 昨年覇者・オカダはここまで外道、永田を撃破。史上二人目となる連覇と2年連続V3を狙う。準々決勝となったこの日の相手は石森。13期生のオカダと9期生の石森による闘龍門出身対決となった。

 試合前から余裕を漂わせていたオカダだが、試合が進むにつれてそれが表情から消えていく。首攻めで先手を取ったものの、入場ゲート前に現れた外道に気を取られたスキに石森の反撃を許し、外道にはスパナで殴りつけられてしまう。お返しとばかりに石森が首攻めに出てオカダは苦もん。スライディングジャーマンで叩きつけられた。

 オカダはフラップジャックやDDTで反撃に出るものの、ツームストンを阻止した石森がハンドスプリングレッグラリアット、串刺しジャンピングダブルニーを発射して主導権を渡さない。Yes Lockはオカダがすぐさまロープに逃れ、リバースネックブリーカーで反撃したものの、ダイビングエルボーを狙ってコーナーに上がったところを外道が妨害。石森のハンドスプリングで場外に蹴落とされたオカダは三角飛びケブラーダを被弾してしまう。リングに戻れば石森がジョン・ウー、串刺しランニングダブルニーの波状攻撃からミスティカ式で絡みついてのYes Lockで捕らえた。

 ピンチを迎えたオカダだったが、何とかロープに脱出。ブラディークロスを食い止め、起死回生のドロップキックをさく裂させた。石森がサイファーウタキで反撃しても、ブラディークロスを旋回式ツームストンパイルドライバーで切り返し、変型コブラクラッチで絞め上げた。外道が介入を狙ってエプロンに上がっても、オカダはにらみを利かせて撃退し、再び石森を変型コブラクラッチで捕らえた。

 石森がレフェリーを巻き込んで無法地帯を作ると、外道が乱入してきた。一難去ってまた一難となったが、オカダは冷静に対処。メリケンサックで殴りかかってきた外道をジョン・ウーで返り討ちにすると、石森には再びドロップキックをさく裂。すかさず変型コブラクラッチで絞め上げてようやく石森をギブアップさせた。

 石森のスピード&テクニックと外道の介入に手を焼いたものの快勝。オカダがベスト4進出を決めた。石森との闘龍門出身対決に「本音言えば二人でやりたかったね。邪魔者なしで。本当に昔から知っている先輩なんで」と不満も残ったものの、準決勝へとつながる戦いになった。というのも次戦の相手が現IWGPジュニア王者・ヒロムに決まったからだ。

 ヒロムは新日ジュニアの第一人者としての地位を確立しつつある。階級は違えど新日本を高めてきたのは同じ。「ジュニアヘビー級、ステップアップとしか思ってないような選手がたくさんいる中で、そうやってジュニアでやっていくっていうその姿勢、ジュニアを盛り上げようっていうその姿勢。そりゃ素晴らしい」とヒロムを高く評価したオカダは自らを「根っからのヘビー級」と表現。無差別級で争われている今年のNJCでヒロムが結果を出し続けてきたが、オカダは「ここまで勝ち上がってきてジュニアヘビーの勝ちって何なの? もう俺はそんなの別になくてもいいんじゃないかなと思う」と待ったをかけるつもり。「ジュニアヘビー級を捨ててヘビー級に来た選手と違うってのを根っからのヘビー級の凄さ、現実見せてやるよ」と通告してみせた。

【オカダの話】「ま、本音言えば二人でやりたかったね。邪魔者なしで。本当に昔から知っている先輩なんで。まぁ、石森さんもIWGPジュニアヘビーを巻いてることだし、過去に。ま、そういう意味では次がどんな感じになったんじゃないかなと、それがちょっとイメージできるような良い試合でした。ま、次はヒロム。IWGPジュニアヘビー級チャンピオン。俺はね、認めてるよヒロム。ジュニアをしっかり盛り上げようとしてるとこは認めてるよ。新日本プロレス、薄情な人が多いからね。ただのジュニアヘビー級、ステップアップとしか思ってないような選手がたくさんいる中で、そうやってジュニアでやっていくっていうその姿勢、ジュニアを盛り上げようっていうその姿勢。そりゃ素晴らしいじゃないかなと思います。でもさ、ここまで勝ち上がってきてジュニアヘビーの勝ちって何なの? もう俺はそんなの別になくてもいいんじゃないかなと思うけども。ま、それは明日、闘いで教えてよ。ただね、俺、BEST OF THE SUPER Jr.も出たことないし、ジュニアのタイトルも挑戦したことないし、根っからのヘビー級だよ。ただね、ヘビー行くから、ジュニアヘビー級を捨ててヘビー級に来た選手と違うってのを根っからのヘビー級の凄さ、現実見せてやるよ」

【石森の話】「(バックステージに来るなり倒れ込み)今日の初対決、軍配はオカダに上がったけど、俺的にはルーツは一緒で、面白いし、それと俺と28cm以上もデカいなんて、こんな絶好の相手いねぇからよ。今日で最初で最後の対戦とは思ってねぇから……(と言うと這うように控室へ)」