『G1 CLIMAX 31』宮城・ゼビオアリーナ仙台(2021年10月13日)
Aブロック公式戦 ○石井智宏vs高橋裕二郎×

 石井が肉薄した裕二郎を破って5勝目を挙げたものの最終公式戦を待たずして脱落が決まった。

 開幕3連敗から一転3連勝で巻き返してきた石井。8戦目となったこの日の相手は曲者・裕二郎。2勝5敗で脱落が決まっているものの石井を苦しめた。

 入場と同時に奇襲攻撃を受けた石井は場外戦でフェンス攻撃やステッキ攻撃を食らって出鼻をくじかれてしまう。裕二郎がお株を奪う逆水平連打を浴びせると、石井も逆水平で応戦するものの打開には至らず。バックドロップ、スライディングフロントキック連打と攻勢を許した。

 石井も逆水平連打で反撃に出て、パワースラムで叩きつけたが、裕二郎はフィッシャーマンバスターで強引に引っこ抜き、フロントハイキックを連発して流れを渡さず。石井がブレーンバスターで叩きつけ、串刺しラリアット、雪崩式滞空ブレーンバスターで巻き返したが、パワーボム狙いは裕二郎が指に噛みついて阻止。DDTで突き刺さった石井の動きが止まった。

 それでも石井はワンツーエルボー連打を浴びせたが、インカレスラムで叩きつけられてしまう。裕二郎のマイアミシャイン、石井のラリアット、延髄斬りがいずれも不発に終わる読み合いから裕二郎のラリアットがクリーンヒット。コーナーパワーボムの荒技からマイアミシャインを爆発させた。

 石井も3カウント寸前に何とか肩を上げた。ピンプジュースを阻止して起死回生のひねりを加えたバックドロップを敢行。延髄斬りをぶち込み、スライディング、正調とラリアットを連発してたたみかけた。粘る裕二郎もお株を奪う垂直落下式ブレーンバスターで逆襲。ピンプジュースでニアフォールに追い込んだが、BIG JUICEは石井が決めさせず。ノーモーション頭突きを突き上げてアゴを射抜くと、裕二郎も張り手でねじ伏せて譲らない。石井がジャーマンで投げても立ち上がったが、カウンターのラリアットを叩き込んだ石井は垂直落下式ブレーンバスターで突き刺してようやく3カウントを奪った。

 石井が苦戦の末に裕二郎を破って5勝目。勝ち点を10に伸ばし、この時点では優勝圏内に生き残った。が、その後、KENTA、ザック、鷹木が揃って勝ち点12をマークし、飯伏を含む4人が首位タイに。飯伏とKENTAが最終公式戦で直接対決し、どちらかが確実に得点を加算することになるため、石井が10・18横浜大会で矢野に勝利したとしても届かず。最終公式戦を前に脱落が決まってしまった。

※石井はノーコメント

【裕二郎の話】「(※フロアに座り込んで)クソッ…。今年は、今年はよ、あの石井ちゃんに勝てると思ったんだ。頑丈すぎるよ。首がよ。頑丈にできてる。一般人なら、一般人ならとっくに病院行きだよ。なんであいつは技くらっても平気で立ち上がるんだよ? 俺も今夜、今夜よ、あいつより頑丈なところ、リングじゃなくベッドで見してやろうかな。これ、マジ(※と言ってゆっくり立ち上がる)」