生駒里奈と矢部昌暉(DISH//)がW主演 舞台「暁のヨナ〜緋色の宿命編〜」制作発表

生駒里奈と矢部昌暉(DISH//)がW主演 舞台「暁のヨナ〜緋色の宿命編〜」制作発表

【ビジュアルボーイ】10/23(火)舞台「暁のヨナ〜緋色の宿命編〜」の制作発表が行われました。

原作は、草凪みずほによる漫画で、紙・電子累計で660万部を超える大人気作品。
謀反により父王を殺された王女ヨナが、流浪の身となりながらさまざまな人との出会いにより成長し、自身の運命に向き合っていく姿を描いています。

本舞台では、何不自由なく育ってきたヨナが、幼馴染で護衛のハクや伝説の四龍の戦士たちと数々の試練を乗り越え旅をするファンタジー・ロマンとなります。

主演は、“高華王国の姫・ヨナ”を演じる生駒里奈さんと、“専属護衛・ハク”を演じるDISH//のメンバー・矢部昌暉さんの2人。
生駒さんは「初の女の子らしい役を演じるということで、頑張りたい。ヨナとハクの成長する姿をどう伝えられるか」と話し、矢部さんは「殺陣が初挑戦となるが、(ハクとしての)強いところをみせたい」と意気込みを語りました。

制作発表には2人のほかに、四龍の1人で右手に龍の力を宿している“キジャ”役の山本一慶さん、右脚に龍の力を宿している“ジェハ”役の西川俊介さん、眼に龍の力を宿している“シンア”役のCandy Boyメンバー・奥谷知弘さん、体に龍の力を宿している“ゼノ”役の木津つばささん、城を追われた神官・イクスと共に暮らす少年“ユン”役の樋口裕太さん、国王イルの兄の息子でヨナの従妹にあたる“スウォン”役の陳内将さんが出席。

それぞれの役柄について、山本さんは「旅のムードメーカーとしての空気づくりをしていきたい」と話し、西川さんは「体が硬いので柔軟をしつつ、皆とコミュニケーションととりたい」と意気込みました。
奥谷さんは、和ませるキャラとして「(役柄として)仮面を着けているので、アクションができるのか」と笑いを誘い、木津さんは男性メンバーが殺陣に挑戦している姿を見ているため、「みんなと一緒に殺陣をやりたい」と笑顔で話しました。
前作にも出演している樋口さんが、「四龍の心をどう動かせるのか」と力強く語る場面も。
陳内さんは「舞台美術が美しい。儚さや、スピード感といったアニメで見た感情を、しっかりと舞台で表現したい」と話しました。

主演の2人は、今作を演じるにあたって、「原作の面白さ、衝撃を、舞台でも感じてほしい。観終わったあとに、良い時間だったなと思ってもらえる舞台にしたい」と生駒さんが意気込みを述べると、矢部さんは「魅力的で、個性的なキャラクターがたくさんいるので、絶対に楽しい舞台になります」と話しました。

舞台「暁のヨナ〜緋色の宿命編〜」は11/15(木)〜25(日)まで、東京・EXシアター六本木にて上演。


関連記事

おすすめ情報

ビジュアルボーイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索