横浜〜戸塚駅間の東海道線から見える謎のマンションの正体とは?

横浜〜戸塚駅間の東海道線から見える謎のマンションの正体とは?

<横浜のココがキニナル!>

東海道線の戸塚〜横浜間で電車内から見えるマンションが気になります。坂道に面して建てられていて、三戸分くらい、宙に浮いてるというか、渡り廊下みたいな造りになってて面白いです。(ZNDさん)

<調査結果>

1999年に竣工した「東急ドエル横浜ヒルサイドガーデン」。保土ケ谷の丘陵を生かした構造と、オリジナリティあふれるデザインを売りに226戸が分譲された


電車内から見えるマンションに関するキニナル投稿。筆者も東海道線ユーザーだが、戸塚〜横浜間はあまり車窓に目を向けることもなく、「変わった構造のマンション」には全く気付いていなかった。

東海道線で戸塚〜横浜駅間は約12km、移動時間は約9分間。おそらくそのマンションが見えるのは一瞬のはず・・・。果たして見つかるのだろうか?

ともあれ、電車に乗って確認してみるほかないだろう。


戸塚駅から東海道線に乗り込む


電車の中からじっと窓の外を見つめ続ける。さまざまなマンションが流れていく中で個性的な形のものもいくつか見つかるが、投稿に合うようなものはなかなか見当たらない。


窓にピッタリと張り付いて探すが・・・(写真はフリー画像より)


見つからないまま横浜駅についてしまった。一旦改札を出て、戸塚駅へ舞い戻ることにする。こうなれば意地だ。


定期があって良かった・・・


先ほどとは逆側の窓を注視しながら戸塚へ向かっていくと・・・。あっ、これかな?と思える建物を発見!
横浜から保土ケ谷駅を通過し、横浜横須賀道路の高架をくぐったあたりのようだ。

電車内で撮影をするわけにもいかず、実際に行ってみないとよく分からない。到着した戸塚駅から、問題の場所へ向かってみることにした。


というわけで、保土ケ谷方面へ


線路沿いを進むと何かが見えてきた


すると、高速道路の高架に隣接するように、ついにキニナルマンションが姿を見せた。


坂道にみっしりと建てられた特徴的な建物!


奥に見えるのが横浜横須賀道路


「3戸分浮いている」という部分はここだろう


どうやら、マンション名は「東急ドエル横浜ヒルサイドガーデン」というようだ。


丘陵のイメージを押し出した名前


マンションのエントランスはオートロックになっており、住民以外は立ち入り禁止。丘に沿った建物には多くの住民が住んでいるようだし、不法侵入などもってのほか。建物の存在は確認したので、外から眺めるだけにとどめておく。

一方で、この変わった形状の建物が建てられた経緯は大変キニナル。住み心地はどうなのだろう?
詳細を知るべく、売主の東急不動産に問い合わせてみることにした。


謎のマンションは「共和国」だった?≫


関連記事

おすすめ情報

はまれぽ.comの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索