名古屋グルメは個性的で、他の地域のグルメとはどこか一味違う。名古屋出身の方も、名古屋グルメファンの方も、興味がある!という方にもおすすめしたい、“新幹線に乗らなくても味わえる”名古屋グルメをご紹介します。

1.名古屋おでんの名店が初上陸〈鶏だしおでん さもん〉/中目黒

東横線中目黒駅の高架下に700メートルにわたり個性的な店が連なる中に、名古屋おでんの名店が初上陸。深夜3時まで営業しているので、最後の一軒としても最適。

じわっと鶏だしがしみ込んだ大根や名古屋コーチンの半熟卵など芯から温まりそうなおでんが並ぶ。手羽先やぼんじりなどの鶏串おでんはコラーゲンがしみだして、さらに濃厚なだしに。右から大根280円、ねぎ薩摩げ290円、はんぺん250円(各税込)。トマトや水菜、車麩などの珍しい具材も。

(Hanako1146号掲載/photo : Mao Yamamoto text : Noriko Maniwa)

鶏だしおでん さもん 中目黒

  • 東京都目黒区上目黒3-5-31 中目黒高架下
  • Phone: 03-6712-2818
  • 16:00〜3:00(2:30LO) 無休
  • 2.名古屋コーチンを贅沢に使用した極上丼。〈親子丼専門店 〇勝〉/銀座

    鶏の中でも最高級と称される、純系名古屋コーチンの雌のみを扱い、部位ごとに鉄板で焼き上げる、銀座の〈ばぁーどはうす〇勝〉。そこが手がける親子丼の専門店。本店で、食事のシメに数多の食通を虜にした逸品を目当てに、予約せずに昼、夜、おなかを満たせるのはうれしい限り。

    本店と同じく〈稲垣種鶏場〉から取り寄せる純系名古屋コーチンがここでの主役だ。見るからにとろとろかつジューシーな仕上がりは、食欲が一気に加速!「特上親子丼」1,460円。ほかに信玄鶏の親子丼(1,000円)もある(各税込)。どちらも塩味あり。鶏スープが付く。

    (Hanako1153号掲載:photo : Akira Yamaguchi text : Yumiko Ikeda)

    親子丼専門店 〇勝

  • 東京都中央区銀座4-4-1 銀座Aビル2F
  • Phone: 03-3567-8080
  • 11:30〜15:00(14:30LO)、17:00〜21:00(20:30LO、売り切れ次第終了) 水休
  • 3.〈郭政良 味仙 東京神田西口店〉の「台湾ラーメン」/神田

    具材を混ぜて、コシのある中太麺とからめて食べる。写真はスタンダードな辛さの「台湾ラーメン」800円。辛さ2倍の「イタリアン」900円、辛さ控えめの「アメリカン」800円(各税込)もあり。餃子をはじめとした一品料理も充実。

    名古屋のソウルフードとして知られる台湾ラーメンの元祖〈郭 政良 味仙〉の東京店。創業者が台湾の担仔麺を辛くアレンジしたメニューで、元は従業員のまかない料理だったとか。主役は秘伝のタレで煮込んだ肉ミンチ。そこにニンニクとニラ、唐辛子もたっぷりとトッピング。辛さと一緒に旨味がしっかり感じられるから、激辛なのに箸がどんどん進む。スープが鶏ガラ醤油ベースでさらりとしているので後味は軽やか。スタミナはありながらカロリーは担々麺の半分以下、というヘルシーさもうれしい!

    〈郭政良 味仙 東京神田西口店〉
    JR神田駅西口から徒歩1分。
    東京都千代田区内神田3-7-4 2F
    03-3526-2706
    11:00〜14:00LO、17:00〜24:00LO(土日祝11:00〜22:30LO) 無休 
    44席/喫煙

    (Hanako1161号掲載/photo : Mariko Tosa text : Yasuko Mamiya)

    4.名古屋発「無添加おはぎ」が浅草に上陸!〈OHAGI 3〉/浅草

    定番おはぎ。右上から時計回りに、新月、夕月、暁月、満月、半月、宵月。各220円。

    今年月に浅草にオープンした〈OHAGI 3〉は、名古屋発祥の無添加おはぎ専門店。素材を活かした甘さ控えめの手作りおはぎは、お子様からお年寄りまで安心してお召し上がりいただけます。

    見た目の可愛らしさや素材へのこだわりだけでなく、斬新な組み合わせが楽しめるのがポイント。イチ押しは「満月(大人のきなこ)」。白あん入りおはぎに京きな粉をたっぷりとまぶし、黒糖くるみをちょこんとのせた上品な一品。香ばしいきな粉の風味がたまりません!みたらし団子をイメージした「夕月(みたらし)」や変わり種の「新月(ココナッツ)」も女性に人気のメニュー。

    「東京限定おはぎ 焙月(ほうじ茶)」雑穀米をブレンドしたお米に、ほうじ茶あんをトッピングした限定品。220円。

    東京限定や季節限定もあるので、行く度に新しい味と出逢えるのも嬉しいですよね。おはぎは可愛い箱に入れてくれるので、手土産としてもです。

    「OHAGIパフェ(きな粉)」おはぎとアイスを合わせた進化系和パフェ。自家製わらび餅入りで贅沢。700円。

    また「パフェ」もおすすめ。おはぎとアイスと思う方も多いですが、意外と合うのがまた不思議。下に入っている自家製わらび餅もプルプルで美味ですよ。おはぎの可能性を感じる〈OHAGI 3〉、ぜひチェックを!

    〈OHAGI 3〉
    手作りのおはぎ専門店。変わり種メニューが多いのも人気の秘密。浅草寺から徒歩すぐ。
    東京都台東区浅草1-31-4
    03-5830-3103
    10:00〜18:00 無休
    外にベンチ席あり/禁煙

    (Hanako1178号掲載/photo:Hiromi Kurokawa text:Reika Yasuhara)

    【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。