Openしたてのお店をハナコラボメンバーがレポートする連載「Now Opening」。今回は1189号より〝NEW・素材の味。〞をテーマにお届け!食材そのもののおいしさを生かすのはもちろん、「なんだか新しい風を感じられる」プラスαがとても大事。誰かに教えたくなるようなニューウェーブを体感して。9月28日(月)発売号「大銀座で叶うこと。」よりお届け。

【RESTAURANT】
7月20日OPEN!〈Salam〉 ワインだけでなく日本酒で楽しみたい夜

新スポット〈EAT PLAY WORKS〉に入居。ネオ横丁の賑々しい雰囲気。
中東料理が得意なアメリカ人シェフ・レイチェルさんを迎えた米澤さん。
ナスとパプリカのスパイシーなトマト煮込み「マブチャ」1,200円。
ケール、フェタチーズ、ハーブをパイで包んだSalam流「スピナコピタ」1,450円

〈Jean-Georges〉〈TheBurn〉のシェフを歴任する米澤文雄さんの新境地は、中東の野菜料理。

『野菜×スパイスが多彩な中東料理は目にも鮮やか!』/「枝豆のファラフェル」1,400円にはビーツのフムスなどを添えて。日本酒(真は風の森850円)との新たな出会い。

〈Salam(サラーム)〉
東京都渋谷区広尾5-4-16GEMS HIROO CR54OSS 1F
11:30〜13:30LO、17:30〜22:00LO 無休
13席/禁煙

Navigator…レストラン担当・今井未央(いまい・みお)

ハナコラボパートナー。飲食やライフスタイル中心に企業やブランドのPRに携わる。日々、趣味である食とアートのポテンシャルを追究中。

【SWEETS】
8月5日OPEN!〈POIRE des rois+TOKYO〉レア感があってお土産にも良さそう!

『皮に香りがあるからアイスなのにジューシー』/「シトロン・瀬戸内レモン」。
ミルキーさのなかに果実の香りが感じられる「マスクメロン・松香園」。
青森の特定農家から仕入れるりんごをまるごと使った「ポンム」。

果実を贅沢に使用したアイスクリーム専門店が東京駅内に登場。果汁と生クリーム等を混ぜ合わせたソルベは、中身をくり抜いた皮の器にイン。果実は農家さんから直接買い付けており、産地や品種によって時価となる。

レモン、ピスタチオ、いちごの3種入り、「アイスポップ・トロワ」1,000円。
12種の果実を使った東京駅限定クッキー「カン・デリシュ」2,600円。
隠れ家っぽい入り口。

〈POIRE des rois+TOKYO(ポアール・デ・ロワプリュストーキョー)〉
東京都千代田区丸の内1-9-1
03-6206-3281
9:30(土日祝9:00)〜20:30 無休

Navigator…スイーツ担当・スイーツOLなり

帰国子女、東京大学大学院理系卒。現在は金融関連企業に勤めるOL。大学在学中にスイーツに目覚め、ブログを開始した。特に焼き菓子とチョコレートが好み。

and others

1. 8月31日OPEN!〈CRISP SALAD WORKS〉/三軒茶屋
カスタムサラダの専門店。アプリを利用するとモバイルオーダーできるほか、完全キャッシュレス、オンライン接客など、新しい生活様式にも見合う店舗だ。

東京都世田谷区太子堂1-12-24 1F
050-1742-3260
11:00〜21:00 不定休
6席/禁煙

2. 8月23日OPEN!〈KON〉/幡ヶ谷
刺繍作家のM̂okoKobayashiがプロデュース。熊本県小国の郷土料理「こんにゃく寿司」や、果物や野菜、スパイス、ハーブなどを用いた“大人のかき氷”を提供。

〈KON〉
東京都渋谷区西原1-14-13
03-6407-8577
11:00〜20:00 月火休
10席/禁煙

3. 9月1日OPEN!〈Japanese Restaurant KINZA〉/日本橋室町
200年前の日本橋の映像とともに、和食と日本酒が楽しめる店。刺身や炭火焼き、おでんなど幅広いメニューを展開。

東京都中央区日本橋室町2-1-1
03-6262-7406
11:00〜23:00 無休(施設に準ずる)
191席/禁煙(喫煙ルームあり)

(Hanako1189号掲載/photo:Hiromi Kurokawa text&edit:Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)