妊娠初期の便秘に悩まされていませんか?妊娠すると便秘になってしまう理由があります。たださえ体に負担がかかる妊娠初期に、便秘はつらいですよね。適切に対処して解消できるようにしましょう。

そこで、便秘の原因や解消方法についても紹介します。

妊娠初期に便秘になってしまう理由とは?

なぜ妊娠初期は、便秘になりやすいのでしょうか。それには妊婦ならではの理由があるのですが、自分の体がつらく、いきむことに不安を感じるママもいるかもしれません。まず、便秘になってしまう理由を知っておきましょう。

ホルモンバランスの影響

妊娠中は、黄体ホルモンが大量に分泌されるため、便秘になってしまうことがあります。この黄体ホルモンは、胎児の成長のためになくてはならないホルモンです。

ただし、むくみの原因やぜん動を抑える作用があるため、便秘の原因となってしまいます。

つわりによる食生活の乱れ

妊娠初期では、つわりによる食生活の乱れや水分不足が影響していると考えられます。食事量が減ることで、便意を感じにくくなってしまうでしょう。また、水分不足によって便が硬くなってしまい便秘が起きてしまうのです。

妊娠初期に効果的な便秘の解消方法

妊娠中はできるだけ体に負担をかけたくないものです。特に妊娠初期はつわりで体調が優れない人も多いので、体に負担をかけない方法で便秘を解消できる方法を試してみましょう。いくつか解消方法を紹介します。

おなかのマッサージをする

やさしくおなかのマッサージをすると便秘の解消が期待できます。おへその周りを「の」の字を描くように、さするようにやさしくマッサージすることで腸の動きを意識してみてください。

ただし、医師から安静指示などがある場合には、医師との相談のうえ実施してみるようにしましょう。

食物繊維を摂るなど食生活に気をつける

便秘には食物繊維や水分、乳酸菌などが効果的です。水分は朝起きたら1杯の水を飲んだり、食事の度に水分を意識して摂ると良いでしょう。また食事に汁物を加えて水分を摂取する方法もあります。

ウォーキングなど軽めの運動をする

便秘解消には軽めの運動も効果的なので、ウォーキングやストレッチなどをおこなうこともおすすめです。リラックスすることで腸の動きが活発になるなど、便秘解消に効果的だと考えられます。

便秘薬は飲んでも大丈夫?

妊娠中にできる便秘解消方法にチャレンジしたものの、効果が出なかった場合に、便秘薬を飲みたいと感じる人も多いのではないでしょうか。

ただ、妊娠中は薬を飲むことを不安に感じるかもしれません。そこで妊娠中でも便秘薬が飲めるか確認しておきましょう。

医師に処方してもらう必要がある

妊娠中に服用してもよい便秘薬があります。妊娠初期は避けた方がよいという考えもありますが、医師に相談して処方してもらうことで安心して便秘薬を利用できます。

便秘を我慢しすぎるのはママの体調不良の原因となってしまうため、つらいときには早めに病院を受診しましょう。

便秘がつらい場合も産婦人科に相談しよう

妊娠初期の便秘がつらいと感じたら、かかりつけの産婦人科に相談しましょう。便秘で悩んでしまうのは妊婦では仕方のないことです。お医者さんも慣れているはずなので、気軽に相談してみましょう。