キャンプで自家製ベーコンや燻製チーズをつくってみたいけれど、時間や手間がかかりそう…とあきらめていませんか?市販の燻製器を使えば、おいしい燻製が手軽につくれます。また、鉄フライパンやメスティンなどを使ったり、段ボールでDIYしたり、などの方法も。そこで燻製づくりに役立つアイテムと、おすすめレシピをまとめて紹介します。

キャンプで燻製を楽しむ方法! 手軽なのは市販の燻製器 手持ちの調理器具やDIYもおすすめ

「燻製(くんせい)」とは、塩漬けした食材などを煙でいぶし、殺菌や脱水をすることで腐敗を防ぎ、保存性を高めた食品のこと。

本格的な燻製をつくろうとすると、数日から1カ月ほどかかる場合もあります。

ただし、じっくり時間をかけてつくると、保存がきく燻製ができるものの、デイキャンプや日帰りバーベキューなどで、限られた時間で楽しむには不向き。

短時間でおいしい燻製をつくるには、以下の方法がおすすめです!

【手軽に燻製を楽しむ方法】

  • 市販の燻製器を使う
  • ほかの調理器具を活用して燻製する
  • 段ボールなどで燻製器をDIYして使う

短時間でつくる燻製は、保存性は高くない場合が多いので、あまり時間を置かずに味わいましょう!

ここからは、上記項目について1つずつ詳しく紹介します。

【市販の燻製器を使う】普段使い&おうちキャンプにも! 初心者にもおすすめな方法

アウトドアブランドなどが提供している市販の燻製器を使うと、手軽においしい燻製がつくれて便利。

ここでは、市販のおすすめ燻製器を3つ紹介します。

●1)SOTO(ソト)「スモークポットCoro(コロ)」

自宅のキッチンで手軽に燻製がつくれる、[SOTOのスモークポット「Coro」]。

「Coro」の名前どおり、コロンとしたかわいらしいフォルムのフタが特徴です。

密閉性の高いフタが採用されているので、一般的な燻製器よりも煙が出づらいのがポイント。キッチンの換気扇の使用で問題ありません。

ポットの底にスモークチップを敷き、付属の金網の上に食材をのせてフタをしめて加熱するだけなので、使い方も簡単。

初心者でもおいしい燻製が簡単につくれます!

【スペック】

  • 重量:約1,560g(金網、温度計含む)
  • サイズ:(約)直径230×高さ165mm
  • 容量:約1,200ml
  • 材質:本体…耐熱陶器、フタ…磁器、金網…鉄(クロームメッキ)
  • 付属品:温度計、オリジナルレシピ集

つばき、うぐいす、藍の3つのカラーバリエーションがあります。どれも落ち着いた和風の色合いが魅力。

また、SOTOのスモークポットシリーズには[「Don(ドン)」]のラインアップも。

こちらはどっしりしたデザインのフタが付属します。

▼スモークポットCoroの愛用者の記事はこちら!

●2)D-STYLIST「スモークインフューザー〜燻製器〜」

スモークを注入できるハンディタイプのインフューザーです。

お皿に食材をならべてラップをかけ、煙を注入して待つだけで燻製ができあがります。

5分ほどと短時間でつくれるのもうれしいポイント。

コンパクトなサイズなので、持ち運びにも便利です。

単3形乾電池2本を使用する乾電池式で、場所を選ばずに使えるメリットがあり、キャンプやアウトドアでの使用にもうってつけ。

本格的とはいかないものの、手軽に燻製を楽しみたい方におすすめです。

スモークチップが付属するので、購入後すぐに燻製をつくれます!

【スペック】

  • 重量:約310g(単3電池2本含む)
  • サイズ:チューブの長さ…約250mm
  • 容量:-
  • 材質:アルミニウム・PC・亜鉛合金・シリコン
  • 付属品:スモークチップ3種類(サクラ・オニグルミ・ヒッコリー)各10g

▼愛用者のレビューはこちら!

●3)Coleman(コールマン)「コンパクトスモーカー」

コンロが使える場所であれば、自宅でもキャンプでも燻製をつくれる、[コールマンの「コンパクトスモーカー」]。

内側の溝に水を流し込むことにより、ポット内に煙が閉じ込められるので、外に出にくいメリットがあります。

そのため、自宅のキッチンでも気兼ねなく燻製づくりを楽しめるのがうれしいポイント。

網を2段にセットできるので、一度にたくさんつくれるのも魅力です。

【スペック】

  • 重量:約835g
  • サイズ:(約)径235×高さ200mm
  • 容量:-
  • 材質:ステンレスほか
  • 付属品:網2枚、収納ケース

▼愛用者のレビューはこちら!

【ほかの調理器具を使う】手持ちの鉄フライパンやメスティンで燻製がつくれる! ミニマムキャンプに◎

専用の燻製器がなくても、鉄フライパンやメスティンがあれば、燻製をつくることが可能です。

キャンプやアウトドアなどで、荷物を極力増やさずに燻製づくりを楽しみたい方にもおすすめ。

●鉄フライパンで燻製をつくる方法

鉄フライパンを使って、燻製をする方法です。

ちなみに、緑茶や紅茶などの茶葉が自宅にある方は、スモークチップがなくても燻製をつくれます。

必要な道具は次のとおり。

【必要な道具】

  • 鉄フライパン
  • 卓上コンロ(アウトドア用コンロ)
  • 密閉できる耐熱性のあるフタ
  • アルミホイル
  • 茶葉(賞味期限切れでもOK)
  • ザラメ糖
  • 好きな食材

鉄フライパン以外でも、ステンレスや中華鍋といった熱に強いフライパンもOKです。

ただし、テフロン加工のフライパンが不向きなので注意しましょう。

▼鉄フライパンを使った詳しいつくり方はこちらの記事で!

●メスティンで燻製をつくる方法

キャンプやアウトドアの万能クッカーとして人気のメスティン。

通常サイズのメスティンでも、ラージメスティンでも、どちらでも挑戦できます。

メスティンでキャンプ飯を楽しんでいる方は、ぜひ燻製にもチャレンジしましょう。

以下の道具があれば燻製が可能です。

【必要な道具】

  • ラージメスティン(もしくは通常サイズのメスティン)
  • 角バット用水切り網(18.8×12.1cm)※ラージメスティンの場合
  • スモークチップ
  • アルミホイル
  • 好きな食材

できあがる量的にも、ソロキャンプのおつまみにぴったり。

メスティンは密閉性が高く、熱効率が良いので、短時間でおいしい燻製が完成します。

角バット用水切り網、スモークチップ、アルミホイルは100均などで入手が可能!

▼ラージメスティンを使った燻製のつくり方をこちらの記事で詳しく紹介しています。

【燻製器をDIYして使う】段ボールで手づくりできる! 100均の燻製ボックスが便利

段ボールを使って、燻製器を手づくりすることも可能です。

自作すると、中にセットする焼き網の位置や枚数を自由に決められるメリットも。

オリジナル燻製器を使って燻製づくりを楽しみたい方におすすめです。

【必要な道具】

  • 段ボール
  • 焼き網
  • スモークチップやスモークチップなど
  • 使い捨てのアルミ皿
  • ガスバーナー
  • 軍手
  • 好きな食材

なお、100均で、便利な段ボール製の組み立て式燻製ボックスも販売されています。

▼段ボールを使った燻製づくりの記事はこちら!

【おすすめレシピ】燻製アイディア8選 定番のベーコン・チーズでは物足りなくなったら変わり種に挑戦!

燻製の定番であるベーコンやチーズでは物足りなくなったら挑戦したい、変わり種レシピを一挙にまとめました!

ぜひ、これからの燻製づくりの参考にしてみてください。

●1)豚バラ肉でつくる燻製チャーシューの作り方

●2)牡蠣の燻製オリーブオイル漬けの作り方

●3)定番スモークチーズを本格的に1カ月以上かけて作る方法

●4)ビーフジャーキーの作り方

●5)燻製ベイクドポテトの作り方

●6)燻製ポテトサラダの作り方

●7)燻製式カツオのタタキの作り方

●8)簡単なおつまみ燻製の作り方(明太子・塩サバなど)

キャンプで燻製を楽しもう! 初心者は燻製器がおすすめ 変わり種レシピもぜひ挑戦してみよう

燻製は必要な道具さえそろえれば、短時間で手軽に楽しむことが可能。

スモークチップは100均などでも入手可能で、燻製づくりのハードルはさほど高くありません。

自宅でも簡単につくれるので、燻製をおつまみレシピに加えるのもおすすめ。

初心者は市販の燻製器を活用すると、簡単においしい燻製がつくれますよ!

(ライター:hayase)