テントやタープなどの重い荷物の持ち運びもまとめてできるアウトドアワゴン。一家に1台あると大変重宝するアイテムですが、重い荷物が載せられるなら子供も乗せたい…だけど小さな子供を乗せるのは不安…。なんて悩みを持つファミリーキャンパーのパパやママも多いはず。そんな方におすすめしたいのが子供乗車OK!の「ラジオフライヤー」なんです。詳しくご紹介します。

ラジオフライヤー(Radio Flyer)はアメリカの老舗おもちゃ屋!子供への安全性の配慮が抜群!

「ラジオフライヤー?聞いたことないアウトドアメーカーだな…」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ラジオフライヤー(RadioFlyer)はアメリカのおもちゃメーカーで、100年以上の歴史がある老舗です。三輪車やキッズスケーター、車のおもちゃなどの商品も手掛けいていますが、メインは子供が乗れるワゴン。

ラジオフライヤーのワゴンは子供を乗せる以外にガーデニング用としても親しまれており、アメリカでは「一家に一台」と言われるくらい、知名度とシェア率が高いのです。

●小さな子供がいるご家庭では気になるのが安全性

発売当初より強度、耐久性が高く、信頼性のあるラジオフライヤーのワゴン。安全性をより高めるため、滑らかなコーナリングや静かな乗り心地など、乗車する子供たちの快適さを追求したワゴンへとさらなる変化を遂げ、今日に至ります。

老舗ブランドという名にあぐらをかくことなく、安全性や快適性そして便利さを追求し続けているからこそ、子供を乗せたい方におすすめしたいワゴンなのです。

ラジオフライヤーのワゴンは種類が豊富!定番のスチール〜オールウッド・布・プラスチックタイプまで

先にもお伝えしましたが、「ラジオフライヤー」はメーカー(会社)名。しかし、ワゴンがあまりにも有名なため、作っているワゴンそのものを通称「ラジオフライヤー」と呼んで親しまれています。

ややこしいのですが…〝ラジオフライヤーのワゴン〟と言っても1種類ではなく、多くの種類がありますのでいくつか紹介します。

●クラシックレッドワゴン18(代名詞となるモデル/スチールタイプ)

「ラジオフライヤー」と言えば、こちらの「クラッシックレッドワゴン18」が代名詞的な存在で昔から引き継がれているモデルです。

真っ赤なスチールのボディにタイヤと取っ手のついたシンプルなつくり。ステアリング操作なので、カーブも曲がりやすいよう設計されています。

さらに、ケガ予防のため本体の角は丸く加工してあったり、人体に影響のない塗料を使用するなど子供が安全に使えるように配慮されています。

●#29 ATWカーゴワゴン(オールウッドモデルにエアタイヤを履いたタイプ)

こちらはボディ部分が木製のワゴン。スチールタイプよりも高さ(深さ)があるので、かさばる荷物が積みやすいです。

赤く塗装された木の枠は取り外しができるので、子供の乗り降りもラクラク。エアタイヤなので、乗り心地も抜群です。

●3-in-1 イージーフォールドワゴン 3950(ベンチにもなる布製の折り畳み式タイプ)

3 in 1とは…①子供を乗せるチャイルドカー②ベンチ③通常使用と、主に3つの用途を考えて作られたタイプで、こちらの商品は布のボディでできている折り畳み式ワゴンです。

シート背もたれや底面にはパッドが入ってクッション性があり、ハンドル側にはペットボトルホルダーも付いています。

折り畳みの良さはコンパクトにできて収納性が高い点。さらに折りたたんだ状態でも自立します。

「3-in-1 イージーフォールドワゴン 3950」と同じようなモデルで、オフロードタイプのタイヤが付いた折り畳みワゴンもあります。※我が家はそちらを購入した為、後ほど詳細をレビューします。

●グランドスタンド 3-in-1ワゴン デラックス(プラスチックタイプ)

3-in-1の用途は同じながら、ボディがプラスチックタイプのワゴンもあります。ほかの素材と違い、プラスチックなので触り心地が柔らかいのがポイント。

外観からも判断がつくかと思いますが…個人的には〝おもちゃの印象が少し強いかな?〟と思います。

【レビュー】ラジオフライヤー〝3-in-1 オフロードカモワゴン〟を子連れキャンパーにおすすめしたい理由

我が家で愛用しているのは、折り畳みタイプのラジオフライヤー 3 in 1 オフロード カモワゴン。

畳んで車に載せられるため広いスペースを必要とせず、[キャンプグッズと一緒に積む]ことが可能なのでとても重宝しています。

おもちゃメーカーが作るワゴンだから、子連れが使いやすい!と感じる点がたくさんあります。

あまりの便利さにキャンプどころかベビーカー代わりにするくらい愛用している筆者が、子連れキャンパーにおすすめしたいポイントを紹介します。

シートベルト付きで安全性が高い

このワゴンの購入の決め手が「シートベルト」。子供が急に立ち上がったり、ワゴンから落ちたりするのを防ぐことができて安全です。

2歳差の未就学児がいるので、シートベルトが2つ付きなのもポイント。

即席ベンチになる

側面のチャックをおろせば、即席のベンチに早変わり!耐重量はおよそ68kgですので、未就学児2人〜3人が座っても大丈夫。大人もひとりでなら座ることができます。

オフロードタイヤでキャンプ場も安心

ノーマルの折り畳みワゴンと違い、カモワゴンはアウトドアでもガンガン使いこなせるオフロードタイヤ!道路も土も砂も芝生もどんどん進んでいくことができます。

握りやすいハンドル

ハンドルが輪っか状になっているので、しっかりと握りやすく、カーブなどの操作もしやすいです。子供を2人乗せていてもラクに引っ張ることができます。

折り畳みが片手で簡単

折り畳みが面倒だと、使ったりしまったりするのが億劫になりがちに。

このワゴンは片手でワンタッチ! 小さな子供を見ながらでもサッと畳めるのが魅力です。

カモフラ柄

カモフラ柄がアウトドアとマッチ。ブランドカラーの赤色ワゴンも素敵ですが、赤色のアウトドアワゴンをはじめ、単色の持っている人は意外と多く、〝子供が乗り間違えないように〟と、いう点でもカモフラ柄が役に立っています。

側面にポケット付き

さらに子連れで便利なのが「側面ポケット」!子供の細かい荷物などをサッと出し入れできます。

飲み物を入れておいたり、集めてきた枝などを一時的に挿したりと使い方は無限大です。

ラジオフライヤー〝3-in-1 オフロードカモワゴン〟クチコミ情報をWEBでチェック!

> 折りたたみやすく、使いやすいですが少し重いかな。

> 収納時のサイズは多少大きめですが、ワゴンとベンチ両方所有する事に比べたら1台で済むため便利。

> 子供を乗せることを前提に作られている商品と聞き購入。簡易的なシートベルトもあるのでちょっと安心。

【筆者おすすめ】アウトドアワゴンと一緒に使いたい「キャンプ&ピクニックグッズ」はコレだ!

続いては…筆者と同じラジオフライヤー〝3-in-1 オフロードカモワゴン〟をお持ちの方はもちろん、それ以外のアウトドアワゴンをお持ちの方も必見です。

アウトドアワゴンと共に、一緒にあると便利な「キャンプ&ピクニックグッズ」を紹介します。

買い物かご

キャンプで便利なのがスーパーなどで「買い物かご」と呼ばれているサイズ感のバスケット。フタがないからササっと出し入れが可能。取っ手もあるので持ち運びがラクラク。

キッチングッズ入れ・子供のおもちゃ入れなど汎用性が高く、使い勝手がいいので重宝します。

アウトドアで使うなら、「リングスターのスーパーバスケット」シリーズがおすすめ。

リングスターは工具箱を制作している日本の会社で、こちらも100年以上の歴史があります。

スーパーバスケットは工具を投げ入れても、落としても壊れない頑丈さ。(かなりタフな買い物かごですよ)ひっくり返して腰かけてもつぶれることはありませんでした。

さらに取っ手を内側に倒せる仕様で作られているため、バスケット同士の積み重ねもできるんです。

カモワゴンにすっぽりと収まるサイズなのも嬉しいポイント。カラーもグリーン・レッド・ブラウンの3色展開しています。

●リングスター スーパーバスケット SB-465(万能のレギュラーサイズ)

2020年にはキャンプ向けのアイテムとしてStarke-R(スタークアール)シリーズも登場しています。

●リングスター Starke-R RHINOCEROS バスケット カラー:オリーブドラブ

ポップアップテント

ファミリーキャンプで使用する大型テントは設営に時間がかかりがち。

サッと設営ができるポップアップテントを先にたてておくと、子供が自然とテント内に入ってきてくれるので迷子防止や日差し対策になります。ピクニックや海水浴の時などにも活躍しますので、ひとつあると安心です。

我が家ではキャプテンスタッグのキャンプアウトシリーズを愛用。カモフラ柄なのでアウトドアワゴンとのコーデもばっちり。

収納袋から出し広げて、ペグで固定すれば完成。大人一人でも1〜2分で設営できます。

●キャプテンスタッグ ポップアップテント デュオUV カモフラージュ UA-27

ほかにもキャンプを意識したデザインのものや、ノーマルカラーのものもありますので、お好みで選んでみてください。

●キャプテンスタッグ レジャーロード ポップアップテント デュオUV UA-43

●キャプテンスタッグ CSシャルマン ポップアップテント デュオ ミントグリーン UA-31

ラジオフライヤー・カモワゴンはキャンプ以外にも使える!旅行や散歩•買い物•ベビーカーなどフル活用

子連れで短時間で買い物を済ませたい時は、二人を乗せてササっとお買い物ができました。子供を連れて近所のお散歩から車で遠出した先の観光地などでも、荷物も子供ものせられるので、重宝しています。

ホテルなどでも、駐車場から部屋までの荷物移動がラクになりました。子育て中の家庭では、応用して使えること間違いなしのワゴンです。人とは違うワゴンが欲しい!という人にもぴったりですよ!