キャンプの醍醐味である、「焚き火」。この焚き火を、より快適に楽しめるキャンプギアが囲炉裏テーブルです。昼間はバーベキューコンロを真ん中に置いてみんなでバーベキューを堪能したり、夜は焚き火を眺めながらコーヒーやお酒を置いて、至福のひと時を楽しんだりできます。今回は囲炉裏テーブルの作り方を写真付きでご紹介します!

ひとつのギアで色々使える4way囲炉裏テーブルをDIY!

キャンプに行く場合、テーブルはかなりの収納スペースを取るので、なるべくコンパクトに済ませたいですよね。

せっかくDIYするので、一つの使い方ではもったいない!ということで今回は収納しやすい&4つの使い方ができる囲炉裏テーブルの作り方をご紹介します。

材料や工具もホームセンターや100均で購入できるので、気軽に作ることができますよ。しかも作り方も簡単です。

●4wayそれぞれの完成品はこちら

パターン1:囲炉裏テーブルタイプ

パターン2:大きなテーブルタイプ

パターン3:バーベキューテーブルタイプ

パターン4:2つのミニテーブルタイプ

【材料一覧】4way囲炉裏テーブルをDIY!

【材料】
1.アカシア集成材(200mm×1820mm×15mm)×2枚
2.皿タッピング(3×16)×28本
3.打掛(ダイソーで購入)×14個
4.レジャーイス(ダイソーで購入)×4脚
5.ゴムバンド(ダイソーで購入)×3本

●アカシア集成材を選んだ理由

火の近くで使用するので、燃えにくい木材を選ぶ必要があります。

一般的な木材の特徴として針葉樹の木材は燃えやすく、広葉樹の木材は燃えにくいです。

ホームセンターでよく販売しているパイン材やSPF材等は、針葉樹のため油を多く含み燃えやすく、いっぽうアカシア集成材は広葉樹なので燃えにくく、多少火の粉が飛んできても安心して使用できます。

(強い火だと燃えてしまうので、ご注意ください)

火の粉で多少は焦げてしまいますが、やすりがけや塗装などを行えば修正できます!

▼アカシア集成材はこちら

▼皿タッピング(3×16)はこちら

【工具一覧】4way囲炉裏テーブルに必要な工具はたったの4つ!

【工具】
1.ドライバー
2.ハサミ
3.ノコギリ
4.木工用ボンド

▼ノコギリはこちら

▼木工用ボンドはこちら

【DIY手順】4way囲炉裏テーブルの作り方を写真付きでご紹介!

4way囲炉裏テーブルの作り方を写真付きでご紹介します。

工程は5つです。

1) 木材をカットして天板をつける
2) 打掛を取り付ける
3) レジャーイスの座面をカット
4) 端材を細かくカット(角材購入でもOK)
5) 端材をボンドで固定する
→完成!

●1)木材をカットして天板を作る

はじめにアカシア集成材をカットして天板を作ります。

ノコギリでカットしても良いですが、ホームセンターのカットサービスを使用すると簡単にできますので、ぜひ利用してみてください。

ネットで購入してもカットしてくれるサービスもあるので、チェックしてみてくださいね。

端材は次にまたカットするのでとっておきます。

カットする長さは700mmにします。これは、使用しているユニフレームの焚き火台が43cmだったので、少し隙間を開けて設置するためです。

焚き火台やバーベキューコンロのサイズによって調整してみてくださいね!

●2)打掛を取り付ける

続いて、カットした木材に打掛を取り付けます。

この打掛を取り付ける位置が4wayのポイントです。

打掛を下の写真のように、それぞれ2枚ずつ6か所と8か所の打掛を取り付けます。

取り付けるポイントは2つ

  • 同じ位置に取り付けること
  • 差し込み側と受ける側をそれぞれの辺に交互に取り付ける

ここが上手くできれば、色々な組み合わせが可能になります。

100均の打掛を取り付ける時には注意が必要です。あまり精度が良くないのでビスがかなり飛び出て、打掛の動きが悪くなってしまいます。

そこで、3×16mmの皿タッピングを使うと、ぴったり収まってくれます。

全部皿タッピングを使うともったいないので、半分だけ使用すると節約できますよ。

●3)レジャーイスのカット

囲炉裏テーブルの脚となる、レジャーイスを用意します。

100均のレジャーイス(150円)の座面をハサミでカットします。脚だけになったら準備完了です。

座面の反対側についているストッパーはそのままにしておきます。

●4)端材を細かくカット(角材購入でもOK)

続いてカットして残ったアカシア集成材を、細かくカットします。

このカットした角材は、脚のストッパーとして使用します。

サイズは15mm〜20mm幅に16本作ります。16本作るのが大変な場合は、15mm×15mmの角材を購入してノコギリで切ればOKです。

▼15mm×15mmの角材はこちら

●5)端材をボンドで固定する

端材で作った角材を天板にボンドで固定します。

それぞれの天板にて、同じ間隔でボンドで取り付けます。打掛の動きを邪魔しない場所に取り付けましょう。

打掛に当たって動かないと、天板同士が固定できないので注意してくださいね。

3~4時間もすればがっちり固定されます。

強度が心配な方はスリムビスなどを打っておくと安心です。

●4way囲炉裏テーブルの完成!

4way囲炉裏テーブルの完成です!

自作した4Way囲炉裏テーブルの4つの用途

それぞれのパターンごとに、組み立て方見ていきましょう。

●パターン1:囲炉裏テーブルタイプ

●パターン2:大きなテーブルタイプ

パターン2はそのまま使って真ん中にバーベキューコンロを置いたりしても良いですが、もう一つの使い方があります。

その使い方をする場合は、打掛の差し込み側を内側にちょっと出します。

そして、真ん中に追加で板(300mm×700mm)を載せると、大きなテーブルができます!

●パターン3:バーベキューテーブルタイプ

パターン2から1枚板を外すと、3枚で囲むパターンも可能です。

筆者の家ではウッドデッキでバーベキューをする時に、このパターンで使っています。

●パターン4:2つのミニテーブルタイプ

最後に2枚ずつ組み合わせると、2つのミニテーブルができます!

●収納

使い終わった後は、重ねてゴムバンドで固定すれば簡単に持ち運びも可能です。

囲炉裏テーブルをDIYしてキャンプを楽しもう!

今回は4wayの囲炉裏テーブルをDIYしてみました!

メーカーから販売されている囲炉裏テーブルは用途が限られているので、シチュエーションごとに変更することができません。

しかし!DIYであれば、アイデア次第で様々な用途で使えるテーブルに変身させられます。

少し改造すれば高さ調整をすることも可能です。

皆さんのDIYギアで快適なキャンプやおうちキャンプを楽しみましょう!

▼キャンプ道具をDIYするならこちらの記事もチェック!