キャンプギアをドレスアップしてくれるレザーアイテム。見た目がおしゃれになるうえに、丈夫な素材でギアのカバーとしても優秀です。今回はレザークラフト初心者向けに、簡単なスキレットハンドルカバーの作り方をご紹介します。

初心者向けレザークラフトの基本1.スキレットハンドルカバー用の革選びは厚めのモノを用意!

小物から衣服まで多様なアイテムに使われ、肌なじみが良く温かみのある味わいが人気の革製品。丈夫で耐久性がある点や、ナチュラルな見た目もキャンプと好相性です。

革は切りっぱなしでもほつれず、自由に加工しやすいのが特徴の素材です。レザークラフトには難しいイメージがあるかもしれませんが、基本さえ押さえれば、お裁縫や工作が苦手という人でも簡単な作品がすぐに作れますよ。

革の種類には、牛や豚など何の革を使っているか、鞣(なめ)し方で異なる特徴があり、好みや用途で使い分けられます。

今回はスキレットのハンドルカバーを作るので、熱が伝わりにくいように2〜3mm厚のものを用意しましょう。また、大きさはハガキ大2枚か、A4サイズ1枚あればOKです。

今回はタンニンなめしの牛革を使用しました。雑貨店やホームセンターでも少量から取り扱っています。

実際に店舗に行ける方は、お得な「端切れ(ハギレ)」や好きな肌触りのものを手にとって選んでみてください。

●牛革 ハギレ ヌメ革 タンニンなめし レザークラフト 本革 型紙付き

初心者向けレザークラフトの基本2.必要な道具を〝切る・穴を開ける・縫う〟3工程に分けてご紹介!

次に道具を見ていきましょう。

レザークラフトの工程は大きく分けて「切る」「穴を開ける」「縫う」の3つです。革は布と違って厚みがあり硬いので、針を突き立てるだけではなかなか貫通しません。

そこであらかじめ革に穴を開け、その穴に糸を通して縫っていきます。

この穴あけ作業は、レザークラフトの特徴のひとつ。道具も特殊なものを使います。

それ以外の工程では100円ショップで手に入る道具や、一般的な工作で使用する道具で代用可能です。専用の道具を必要最低限のものにすると、およそ3,000円程度で揃えられます。

それでは、道具を「切る」「穴を開ける」「縫う」に分けて紹介していきます。

●〈切る道具〉革を裁断する工程で使用

・革包丁(カッターでも可)
・カッティングマット(工作板など)
・厚紙(型紙に使用します)

専用の革包丁がない場合は、一般的なカッターでも代用可能です。刃先を折って新しくして、切れ味を良くしましょう。

刃はすぐにボロボロになってしまうので、何回も使用するのであれば、専用の革包丁の購入をおすすめします。

●〈穴を開ける道具〉革に穴を開ける工程で使用

・菱目打ち
・ゴム板
・ハンマー(木槌など)

菱目打ちは手縫いでレザークラフトをするうえで最重要のアイテムです。菱目打ちをハンマーで革に打ち付けることで、厚みのある革に穴を開けることができます。

100円ショップのキリなどでも穴を開けることはできますが、等間隔に何十もの穴を開けるのはとても骨が折れるので、できれば専用のものを購入しましょう。

ハンマーは専用のものでなくても、ある程度重みがあれば代用可能です。

ゴム板は、革を貫通した菱目打ちを受け止め衝撃を和らげ、テーブル等の台を傷つけないために使用します。

●クラフト社 革工具 4本ヒシ目打 2.0mm 8241

●〈縫う道具〉革を縫い合わせる工程で使用

・縫い針2本
・縫い糸(ロウを引いたものが良い)

3つめは「縫う」工程です。縫い針は2本必要になります。革用の針か、それに近い針が太めで糸の通る穴が大きめのものを用意しましょう。

レザークラフトでは一般的にロウ引きされた糸を使用します。ロウを引く理由は糸の毛羽立ちを抑え、縫い目をキュッと引き締め、強度を高めるためです。

予めロウ引きされている糸を購入する方法と、自分で麻糸やたこ糸にロウを引く方法があります。

●〈その他〉接着剤や仕上げ剤は様々な工程で使用

・接着剤(木工用ボンド)
・コバ仕上剤(トコノール、トコクリアーなど)

接着剤や仕上剤は様々な工程で使用されるので、最後にご紹介しました。

接着剤は革の貼り合わせや、糸の始末に使用します。皮革用接着剤もありますが、木工用ボンドでも代用可能です。

革のザラザラした裏面や側面(コバ)は磨くことで毛羽立ちがなくなり、ツヤが出ます。水だけで磨いても効果がありますが、可能であれば専用の処理剤を購入しましょう。

それでは実際にスキレットカバーを作っていきましょう!

簡単レザークラフト!キャンプで使えるスキレットカバーの作り方1.型紙作りから革のパーツ作成まで

●〈型紙作り〉

まずは手持ちのスキレットを持ってきて、ハンドルカバーの型紙を作りましょう。

スキレットの持ち手部分を紙に写し取ります。この時、スキレットの上下を裏返すと、持ち手が紙に近づいて型を取りやすくなります。

今回使用したのは、ロッジの9インチスキレットです。

●LODGE(ロッジ)ロジック9インチ スキレット フライパン L6SK3

ハンドルの厚みと縫い代を考慮して、ひとまわり大きめに型紙を作ります。今回は、ハンドルの一番太い幅の3cmに、左右1.5cmずつをプラスして型取りしました。

型紙が出来たら、一度スキレットに当ててサイズ感を確かめてみると安心です。

●〈革を裁断〉

次に革を裁断します。カッターを使う場合は、厚みがある革は数回に分けて切り込みを入れていきます。

革包丁、カッターのほか、クラフトハサミを使うと革細工に慣れていない方でも比較的簡単に裁断できます。

●プラス フィットカットカーブ 万能はさみ ネイビー SC-175PM 34-631

●〈床面や切り口にトコノールで光沢を〉

革裏側の床面(とこめん)や切り口(コバ)のザラザラした部分が気になるときは、トコノールなどの仕上げ剤を使います。

適量を垂らして、ガラス板などでこすり磨きます。ガラスのコップなどでもOKです。

トコノールがない場合は、水を含ませて磨くだけでもしっとりと光沢が出ますが、トコノールに比べ持続性はありませんのでご注意を。

また、接着力が落ちるので、縫い合わせる革の端にはトコノールを塗らないようにしましょう。

簡単レザークラフト!キャンプで使えるスキレットカバーの作り方2.糸を通す前に菱目打ちで穴開け

●〈穴開けの準備/ガイドラインを引く〉

革のパーツを裁断したら、糸を通すための穴を開けていきましょう。

手縫いのレザークラフトでは、縫う時に針で革に直接穴を開けるのではなく、あらかじめ革に開けた穴に、縫い針で糸を通していきます。

この穴開けは、レザークラフトならではであり、作品の仕上がりにも直結する大事な作業でもあります。集中して行いましょう!

まずは穴を開けるためのガイドラインを引きます。専用の道具もありますが、針やキリ、ペン先などの尖ったものであれば構いません。

今回はコンパスの針で革の端から4〜5mmくらいの位置にぐるっとガイドラインを引きました。スキレットを差し込む辺は、穴を開けませんので、ガイドラインも不要です。

●〈穴開け〉

縫い穴がずれないように、革のパーツ2枚を重ねて使用します。大きめのクリップで2枚を挟むか、ボンドや接着剤を端に塗ったり、テープで仮止めするなどしておきましょう。

穴を開けるには「菱目打ち」と呼ばれる道具を使います。菱目打ちは、その名の通り菱形の穴を開ける道具です。

ゴム板の上に2枚の革を重ねたパーツを置き、革の上に菱目打ちを垂直に当て、木槌やハンマーで強く打ち込みます。

ガイドラインに沿って端から穴を開けて行きましょう。

2回目以降は、ひとつ前に打った菱目にひと目重ねて打つと、均等に跡をつけることができます。例えば、四つ目の菱目打ちであれば、一回打つごとに新しい穴が三つ開くことになります。

菱目打ちは、必ず垂直に立てて穴を開けることがポイントです。斜めにしてしまうと、裏面や2枚目の穴の位置がずれてしまい、縫いにくく、見た目も悪くなってしまいます。

また、厚めの革を2枚重ねて一気に開けるのは、力もコツも必要です。なかなか貫通しない時は、2枚めの途中まで刺さったら、2枚目だけにしたり、裏返して穴を開けていきましょう。

なお、曲線状に穴を開ける時は、写真のような2つ目タイプの「菱目打ち」があれば、ゆるやかにカーブした縫い穴を作ることが出来ます。(1つ目タイプも売っています)

スキレットを差し込む側を残して、U字形に穴を開けたら、いよいよ糸で塗っていきます!

簡単レザークラフト!キャンプで使えるスキレットカバーの作り方3.手縫い&仕上げをして完成

●〈手縫い準備/糸の通し方〉

レザークラフトの手縫いは、針は2本で糸の両端につけるため、裁縫とは糸の通し方が異なります。

糸の両端に針をつけるため、縫い途中で糸の長さを調整するのが難しいです。そこで最初に、糸を縫い代の3〜4倍程度の長さに切っておきます。

針穴に糸を10cmほど通し、写真のように糸に針を2箇所貫通させ、糸と針で輪っかを作ります。

まず長い方の糸を、1つ目の輪がなくなるまで強めに引っ張ります。次に短い方の糸を、長い方の糸に近づけるように引っ張ります。

これで針に糸がしっかり固定され、抜けにくくなりました。最後に2本の糸をねじり合わせます。

同様に、反対側の糸の端にも針をつければ、準備完了。いよいよ革に糸を通していきます!

●〈手縫い/レザークラフトの基本・平縫い〉

レザークラフトの基本の縫い方は「平縫い」といいます。表裏の両方から交互に針を通して、8の字のように縫い進める方法です。

まずは縫いはじめの穴に針を刺し、両サイド同じ長さになるまで糸を通します。

ひとつ目の穴と革の端に、糸を二重に巻くように通します。

ふたつ目の穴以降は、表側から針穴に糸を通し、裏側からも同様に通して、写真のような状態にします。片側だけ先に糸を通しきらないように、注意してください

裏側から針を穴に通す時は、表側から既に通っている糸を刺さないように糸をよけて通します。(左上写真)

両方の針と糸が通ったら、両手で糸を引っ張り、縫い目を整えます。(右上写真)

以降、同じ要領で縫い進めていきましょう。

最後まで縫ったら、2〜3目ほど返し縫いをして、裏側に2本の糸が出ている状態にします

縫い終わりの糸にボンドを少量塗布して、かた結びをして、余った糸を切ります。結び目をハンマーで叩き平らにし、他の縫い目となじませると目立たなくなります。

ここまででスキレットハンドルカバーの基本は完成です!

この後、コバを仕上げ剤で磨いてなめらかにしたり、染色やツヤを出したりと、さらに仕上がりを追求することもできます。

刻印やオリジナルのマークを入れたり、フックをつけるなどのアレンジも様々。基本を押さえたらぜひ試してみてください。

手持ちのギアを自分好みにアップグレード!キャンプとの相性抜群なレザークラフトを身近に楽しもう

今回は、初心者でも簡単に始められるレザークラフト入門として、スキレットのハンドルカバー作りをご紹介しました。手軽に始められて、こだわりたい人はとことんこだわれる、懐の深いDIYです。

手作りならではの温かみと、革の持つナチュラルな風合いは、キャンプギアの魅力をより一層引き立ててくれます。また、使えば使うほどツヤが出てきたり、変色したりと味が出てくるため、一緒に過ごした今までのキャンプを思い出させてくれるでしょう。

気軽に始めてみてどんどん色々なアイテムに挑戦してみてくださいね!