コロナ禍で大ダメージを受けた旅行業や宿泊業、外食産業。これらを盛り上げようと、国家事業として総予算1.7兆円を使った『GOTOトラベルキャンペーン』が7月22日に開始されました。筆者も実際にこのキャンペーンやその他のキャンペーンを使ってお得に旅を楽しんだ一人。今回は、キャンパーでも旅費がお得になる『GOTOトラベルキャンペーン』と、それ以外のお得な情報をお伝えしていきます!

『GOTOトラベルキャンペーン』ってどんなキャンペーン?

『GOTOトラベルキャンペーン』とは、国内旅行の宿泊費が最大50%相当(1泊1名あたり最大2万円分)安くなるという嬉しいキャンペーン。今まで泊まったことがなかったような、ワンランク上のホテルや旅館にも手頃な価格で泊まることができるという、大変魅力的なキャンペーンです。

開始当初、キャンペーンから除外されていた東京都については、2020年10月1日から支援対象に追加すると発表されています。※2020年9月15日現在

このキャンペーンを利用するには、『GOTOトラベルキャンペーン』の業務委託先であるツーリズム産業共同提案体から宿泊等を申し込む必要があります。

具体的には、以下の機関を通して予約をする必要があります。

<共同提案体>

  • 一般社団法人日本旅行業協会
  • 一般社団法人全国旅行業協会
  • 公益社団法人日本観光振興協会
  • 株式会社JTB
  • KNT-CTホールディングス株式会社
  • 株式会社日本旅行
  • 東武トップツアーズ株式会社

<協力団体>

  • 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会
  • 一般社団法人日本旅館協会
  • 一般社団法人日本ホテル協会
  • 一般社団法人全日本シティホテル連盟
  • 株式会社リクルートライフスタイル
  • 楽天株式会社
  • ヤフー株式会社

簡単に言うと、旅行代理店で予約、もしくは楽天トラベルやじゃらん等でネット予約をすると、割引が適用されるのです。

10月1日からは、総額の35%の給付額に、15%の地域共通クーポン(土産物店、飲食店、観光施設、アクティビティ、交通機関などにおいて旅行期間中に限って使用できるクーポン)が付与されます。

これが、『GOTOトラベルキャンペーン』の概要です。

キャンパーが『GOTOトラベルキャンペーン』の恩恵を受けるには?

ホテルや旅館を使わないキャンパーのみなさん。「うちはアウトドア派だから関係ないわ〜」と思っていませんか?

実は、『GOTOトラベルキャンペーン』を始めとするお得なキャンペーンを上手に利用すれば、アウトドア派でも交通費などを大幅に節約することが可能になるんです!

●たまにはコテージやバンガロー、グランピングを利用して気分を変えてみよう!

『GOTOトラベルキャンペーン』は、旅行業法の許可を受けた施設が対象なので、基本的にはホテル等の宿泊施設がキャンペーン対象。キャンプは対象外となってしまうのですが、旅館業法の簡易宿所営業の許可が必要となるコテージやバンガロー、常設のグランピングは対象になるので、それらの施設を利用することでキャンペーン割引の恩恵を受けることができるんです。

いつもはテントとタープを張ると言うキャンパーも、こんなときくらい、グランピングで豪華なアウトドアを満喫してみてはいかがでしょう?

たとえば以前ご紹介させて頂いた『リゾート大島キャンプ場』のグランピング、ログハウス、コテージ、トレーラーハウス等は、GOTOトラベルキャンペーンの対象になっています。

▼『リゾート大島キャンプ場』の記事はこちらをチェック!

フェリーでキャンピングカーごと移動! フェリーも『GOTOトラベルキャンペーン』でお得になる!

北海道や九州等へのフェリー利用は『GOTOトラベルキャンペーン』の対象になるので非常にお得です。具体的には、以下がGOTOトラベルのキャンペーン対象です。

  • 新日本海フェリー
  • 太平洋フェリー
  • 商船三井フェリー
  • オーシャン東九フェリー
  • 宮崎カーフェリー
  • 名門大洋フェリー
  • 阪九フェリー
  • フェリーさんふらわあ

キャンピングカーごとフェリーで移動しても、最大半額ほどの割引を受けることもできるこのキャンペーン。使わない手はありませんよね。

【筆者体験談その1】佐渡島への旅 47,270円が1,800円に! ポイントキャンペーンなどを組み合わせてさらにお得に

僕は7月に2泊3日で新潟県・佐渡島に行ってきました。

連休前の平日と言うこともあり、フェリーには車がわずか4台。島内には観光客も少なく、広々としたキャンプ場も貸切状態で、のんびりと過ごすことができました。

これまで、フェリー代が高いために佐渡島への旅には二の足を踏んでいたのですが、7月当時、『マイカーでクリーン認証の島へ!2000名限定15000ポイントキャッシュバックキャンペーン』と言うキャンペーンが開催されており、すぐに申し込みました。

キャンペーン内容は、佐渡汽船の往復自動車航送料が16,800円(通常47,270円)! 更に『だっちゃコイン』と言う佐渡島内で使える観光通貨(アプリマネー)が15,000ポイントが付く!というもので、往復のカーフェリー代が実質1,800円になる、というビックリキャンペーンだったのです。

こちらは残念ながらすでに終了してしまっているキャンペーンですが、GOTOトラベルに合わせて、各地で様々な観光キャンペーンが開催されているので、ぜひお得な情報を探してみてください!

【筆者体験談その2】北海道の高速乗り放題でフェリー代30%オフ!

8月には、20日間北海道を旅してきました。

プランは決めず気ままに観光しながら、キャンピングカーで車中泊をしたり、キャンプ場や河原でキャンプをしてきたのですが、20日間も旅をしていると、交通費、特に高速代がバカになりません。

ここでも交通費を節約するために、キャンペーンを利用しました。

NEXCOでは、『ドラ割』と言う割引を各地で行っていて、今回はその中で北海道観光ふりーぱすを利用することにしました。

北海道観光ふりーぱすには3種類あり、『週末プラン』『ゆったりプラン』『フェリー限定プラン』とあり、私は『フェリー限定プラン』を利用しました。

これは、フェリーを利用して北海道へ行く人のためのプランで、北海道内の高速道路が定額(14日間利用しても最大19,600円)で乗り放題になるだけでなく、私が利用した津軽海峡フェリーの場合往路10%、復路30%も割引になりました。

函館にフェリーが着いて、最寄の大沼公園から足寄まで走れば通常片道9,820円かかりますので、往復するだけで元が取れてしまいます。

その他にも、群馬周遊、新潟周遊、信州周遊、東北周遊、バイク用ツーリングプランなど、高速料金が非常にお得になるプランがたくさんあるので、ぜひ積極的に利用してみてください!

●ETCで交通費を賢く節約しよう!

ここまで、フェリー代や高速代の賢い節約法をお伝えしてきましたが、これらのプランは全てETCカードと車載機があることが前提になっています。現金やクレジットカードで高速代金を支払っている場合、その時点でお得なサービスが受けられないので、注意が必要です。

またこういったプラン以外にも、ETCのマイレージサービスを利用することで、支払額に応じてポイントが付いたりととてもお得です。車での旅をされる方は、まずETCを導入するのもおすすめです。

GOTOトラベルキャンペーンなどの割引キャンペーンを上手に活用して楽しいアウトドア旅を!

コロナ禍でなかなか外出ができずモヤモヤしている方も多いと思いますが、GOTOトラベルキャンペーンやその他のキャンペーンを上手に利用することで、とてもお得に旅をすることができます。

グランピング、ログハウス、コテージ、トレーラーハウスはキャンペーンの対象となっているので、普段とはちょっと違うアウトドアを楽しむチャンス。この機会に、ぜひ楽しいアウトドアな旅を楽しんでください!