寒すぎず暑すぎず、心地よい気候の春は、キャンプにうってつけのシーズン。しかし、花粉症のせいで、せっかくの春キャンプの楽しさが半減している……といった花粉症キャンパーも少なくないはずです。今回は、花粉症キャンパーへのアンケート調査から、キャンプでの花粉症対策や花粉の影響が出にくいキャンプ場などをご紹介します!

くしゃみが止まらないことも! ハピキャンライターに聞いた花粉症のキャンプ事情

ハピキャン編集部では、ハピキャンでライターとして活躍しているキャンパーの皆さんに、花粉症×キャンプに関するアンケートを実施。アンケート結果から、花粉症キャンパーならではのエピソードや、花粉シーズンに役立つ花粉症対策などを調査しました!

まずは、花粉症キャンパーなら思わず「あるある」と共感してしまうような、花粉症キャンパーの皆さんがキャンプで体験した、花粉症エピソードをご紹介します。

●【ハピキャンライターにアンケート】花粉症キャンパーならではのエピソード

花粉が多い木の近くにテントを張ってしまい、花粉の症状がひどく出てしまったことがあります。

森林はもちろん、河川にあるテントサイトなどでも、近くに花粉の多い木が潜んでいるケースが……。

一目で「こいつは花粉が多い木だ!」と見抜けるプロの花粉症さん以外は、木の近くにテントを張らないのが一番かもしれません。

うっかりアレルギー薬を忘れてしまい、キャンプで鼻がグズグズになりました。

あと、花粉症対策に自分のマスクやメガネは用意したのに、子供の分を忘れてしまい、子どもがひどく症状が出てしまったことも……。

うっかり花粉症対策用の薬やグッズを忘れてしまうこと、ありますよね……。家族で花粉症持ちという方は、自分の分だけでなく家族の分も準備を忘れないようにご注意を!

花粉症キャンパーの皆さんからは、他にもこんなエピソードが寄せられました。

停めていた車に花粉がめちゃめちゃ積もっていて、ドン引きしたことがあります……。

その積もりっぷりを見たら、急にくしゃみが止まらなくなりました(笑)。プラセボ効果!?

花粉症対策として、LEDで7色に変化するソフトクリーム型の加湿器を使っていたら、珍しさで人が寄ってきました。

おしゃれだといわれて、花粉症対策といいだせませんでした……。

花粉症キャンパーたちが取り入れているキャンプでの花粉症対策

お困りエピソードから、ちょっと笑えるエピソードまで、キャンプで花粉症ならではの経験をしたことがある花粉症キャンパーは多いようでした。

花粉のせいでキャンプで辛い思いをしないためにも、どのような対策をしたらいいのでしょうか?

花粉症キャンパーたちから寄せられたのは、以下のような対策方法でした。

  • 事前にアレルギー検査や薬の服用をする
  • 花粉対策用のグッズを使う
  • 服装などに気をつける
  • 花粉の多いキャンプ場に近づかない

具体的にどのように対策すればいいのか、アンケートで寄せられた意見も交えてご紹介していきます。

●花粉症対策【1】事前にアレルギー検査や薬の服用をする

鼻炎薬を早めに飲んで対策しています。

また、事前の検査でアレルギーの花粉の種類を知っておき、アレルゲンのある場所でのキャンプは避けるようにしています。

自分がどの花粉のアレルギーなのか、しっかり検査をして対策を立てたり、アレルギー用の内服薬を利用したりして、花粉対策している方が多いようです。

●花粉症対策【2】花粉症対策用のグッズを使う

花粉症対策として、花粉ブロックスプレー・目薬・鼻水止の薬などを使っています。

ただ、私は基本的にスプレーだけでなんとかなることが多いですね。

かかりつけの皮膚科で処方される内服薬と、モバイルバッテリーで使える加湿器を使っています!

内服薬とは別に、花粉症対策グッズを用いて花粉症と戦っている方も多かったです。

筆者も花粉のシーズンにはほんの少しだけ花粉症の症状が出るのですが、花粉ブロックスプレーだけで過ごせています。

軽めの花粉症の方であれば、花粉症対策グッズを使うだけでも症状が楽になるかもしれませんよ!

●花粉症対策【3】服装などに気をつける

マスク、花粉症用メガネなどは必須です。

サッと花粉をはらえるように、シャカシャカした素材のウェアを着たり、髪はまとめて帽子をかぶったりもしています。

マスクの下で鼻にテッシュ突っ込んでます‥‥‥。ソロor家族キャンプでしか難しいですね。

花粉症対策として、シャカシャカ素材のウェアを活用している花粉症キャンパーさんも多く見受けられました。

他にも「コンタクトではなくメガネにする」など、服装で対策できるポイントはいろいろあるようです。

●花粉症対策【4】花粉の多いキャンプ場に近づかない

花粉のシーズンには、山中のキャンプ場には近寄らないようにしてます。

あと、市街地が近いキャンプ場も路面に落ちた花粉が自然に還れず漂い続けているので、市街地が近いキャンプ場も避けてます。

雪山にキャンプしにいく!

あとは、キャンプを諦めてスキーやスノボに行くのも、ひとつの手かも知れません……。

花粉のシーズンには、どうにか対策して花粉に抗おうとしてしまいがち。

しかし、「逃げるが勝ち」なんてことわざもあるように、花粉とは戦わないというのは賢い手段なのかもしれませんね。

辛い症状を少しでも和らげたい人へ! 花粉症キャンパーおすすめの対策グッズ

多くのキャンパーが花粉症対策として取り入れていた通り、花粉症キャンパーにとって花粉症対策用のグッズは必需品といっても過言ではありません。

そこで、花粉症キャンパーたちに聞いたおすすめ花粉症対策グッズをご紹介していきます。

●イハダ アレルスクリーンEX

特許技術により、花粉などの付着を抑制するイハダのアレルスクリーンEX。

筆者もアレルスクリーンEXを使っていますが、持ち運びやすいサイズかつ、メイクの上からでもサッと使える点がお気に入りです。

●大正製薬 クラリチン®EX

クラリチン®EXという薬を使っています。公式サイトでは、眠くなりにくく1日1回の服用でOKとのこと!

他にも、市販薬では同じ大正製薬の『パブロン鼻炎アタックJL』や、

久光製薬の『アレグラFX』を使っているという声があがっていました。

●じゃばらいず北山 北山村のじゃばら果汁飴

蜜柑の種類のひとつである『じゃばら』は、和歌山県北山村で見つけられた、知る人ぞ知る果実。

> じゃばらにはフラボノイドの一種である「ナリルチン」という成分が豊富に含まれています。
その成分にはアレルギー抑制効果があると言われているため、花粉症や他のアレルギーにも効果期待できる!ということです。
> -- www.ito-noen.com

そんなじゃばらの6倍濃縮果汁を含み、甘すぎず酸っぱすぎないバランスのよい味が魅力の北山村のじゃばら果汁飴を、花粉症対策に活用している方もいました。

花粉の影響が少ない? アンケートで分かったおすすめのキャンプ場

花粉症キャンパーたちから寄せられたエピソードにもあった通り、花粉の多いキャンプ場では花粉症の症状を感じやすい場合もあるようです。

そのため、花粉のシーズンにキャンプへ行く際は、なるべく花粉の少ないキャンプ場を選ぶと、花粉の影響を感じづらくなるかもしれません。

アンケートで花粉シーズンにおすすめのキャンプ場について聞いたところ、こんな意見が寄せられました。

花粉の時期は、海や湖畔でのキャンプがおすすめです。

花粉症といっても、アレルゲンが異なるので杉・ヒノキ・松・イネなど、自分のアレルゲンを知っておくことが重要で、場所はアレルゲンに基づいて探すといいかと思います。

海沿いのキャンプ場は割と楽だった気がします……!

小まめに花粉を洗い流せるよう、温泉のあるキャンプ場がいいかと思います。

まずは自分がどの花粉のアレルギーなのかを知り、海や湖畔のキャンプ場を探してみるといいでしょう!

花粉症に負けずにキャンプを楽しもう!

心地よい気候が魅力の春キャンプ。花粉で辛い思いをしてしまっては、せっかくの春キャンプの楽しさが半減してしまいます。

花粉症の方は、あらかじめしっかりと対策をするとともに、なるべく花粉の影響を感じづらいキャンプ場を選ぶようにしましょう。

今回ご紹介したアンケート結果も参考に、花粉に負けず、春キャンプを目いっぱい楽しんでくださいね!

花粉症対策に役立つ情報や海・湖畔のおすすめキャンプ場記事はこちら