アウトドア用のコップといえば、SnowPeak(スノーピーク)のチタン製マグカップ!使えば使うほどに味が出る魅力的な見た目はもちろん、優れた機能性が充実しているんです。今回は、筆者が実際に愛用してしてる「チタンシングルマグ450」についてレビューしていきます。

スノーピークの代表作・チタン製マグカップ「チタンシングルマグ」は軽量&タフだからキャンプに最適!

<チタンシングルマグ450のスペック>

  • サイズ:φ86.2×91.5mm
  • 重量:70g
  • 容量:450ml
  • 材料:チタニウム
  • 機能:シングルウォール

軽さをとことん追求したシングルウォールは、素材に板厚0.4mmのチタニウムが採用されており、驚くほど軽量なカップに仕上がっているんです!

そして、その軽量化が可能な理由は、ひとつひとつ職人の手によって生産されているからなんです。金属の中でも特に加工が難しいとされているチタニウムを匠の技で仕上げているのだそう。

こうして仕上がったチタンシングルマグは、軽量さと丈夫さを兼ね備えたスノピークの代表作とされ、世界中のキャンパーに愛される商品になっているのです。

【チタンシングルマグの魅力1】握り心地に優れたハンドル 折り畳み収納可能だから持ち運びに便利!

ハンドルは収納時には折りたたみ可能なので、キャンプなどアウトドアなどの移動時にはもちろん、自宅で普段使いする際にもコンパクトに収納することができます。

また、握りやすさと安定感を追求した結果、ハンドル部分を逆八の字に取り付けると言う工夫がなされています。

この工夫のおかげで、テコの原理が働き、握った際に力がかけやすくなっています。

実際、初めてチタンシングルマグを持った際はその持ちやすさに驚きました…!ハンドル部分のくぼみに、親指と薬指がしっかりとフィットして、ストレスフリーにコーヒーを飲むことが出来たんです。

「たかだかハンドルでしょう?」と思われる方も多いかもしれませんが、いえいえ。「されどハンドル」なんです!一度ぜひ、手にとって感じて頂きたい魅力的なポイントです。

【チタンシングルマグの魅力2】口元が熱くならない!カール処理された飲み口で優しい口当たりを実現

チタンは熱伝導率が低いため、熱い飲み物を入れても口元が熱くなりにくいです。取手の部分は熱くも冷たくもならないので、ストレスフリーで使うことが出来ます。

また、シングルウォールの口元はカール処理という特別な処理が加えられており、少し丸まったようなデザインになっています。

そのカール処理によって、飲み物は優しい口当たりになり、さらに美味しく飲めるように工夫されているんです。

熱々のコーヒーを注ぎ入れても、じっくりゆっくり楽しめてとても幸せでした!

さらに保温性&保冷性を求める場合は、二重構造(ダブルウォール)の「チタンダブルマグ」がおすすめ。

3種類から選べるサイズ展開も嬉しい! 幅広い用途に使えるスノーピークのチタン製マグカップ

使う人の好みや、使うシーンによってサイズも選べるんです。筆者が愛用しているのは、シングルウォールで最も大きな容量の「シングルチタンマグ450」です。コーヒーを飲むには少し大きめですが、スープなどにも使える万能な大きさです。

そのほかには、「チタンシングルマグ300」「チタンシングルマグ220」と容量が少なくなるのに比例して価格もお求めやすくなっています。そのどれもがスタッキング可能なので、簡単に収納できるのは共通事項といえますね!

年代を問わずに世界中のキャンパーから愛されるスノーピークのチタン製マグカップ、ぜひあなただけのマイカップを見つけてみてはいかがでしょうか?

その他のおすすめ水筒やボトルも合わせてチェック!